ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

「新しいことを楽しまないと」インフラエンジニア月岡誠治インタビュー【2013年上期アラタナMVP受賞者】

ベンチャー企業アラタナでは、半期毎に部署やチームに関係なくメンバー全員からの投票にてMVP等の受賞者を決めています。

今回は2013年度上期MVPに選ばれたインフラチーム所属のインフラエンジニア月岡 誠治(つきおか せいじ)さんにお話をお伺いします。

一体、どのようなお話が聞けるのでしょうか。

 

アラタナを支える土台になる

アラタナインタビュー 以下アラタナ)MVPおめでとうございます。「2013年度上期MVP」を受賞された率直な感想を聞かせてください。

 

月岡誠治 以下月岡)ありがとうございます。

率直な感想は「会社に貢献できた」です。

いままで頑張ったことが、役に立ててよかったなと思います。

 

アラタナ)アラタナMVPは「MVPにふさわしい人物」として社員からの投票により選出されています。

選出理由の中に、「アラタナを支える土台や基礎」といった言葉が多く、月岡さんがいることで今のアラタナのサービスが機能していると感じました。

このようなコメントについてどう思いますか。

 

月岡)僕は結構ミーハーというか、どんなプロジェクトでも顔を突っ込みたいし、関わりたい。

どんなプロジェクトでもサーバーが必要だから、インフラエンジニアは多くのプロジェクトに関わりやすいので、他のチームの人に比べるとラッキーなチームにいるなと感じています。

新しいことを楽しまないと

アラタナ)では、インフラエンジニアとしての月岡さんが現在行なっている仕事内容について教えて下さい。

 

月岡)インフラエンジニアとしての仕事としては、基本的に新しいことをやるときの土台作り。

新しいサービスを作るときっていうのは、様々なITシステム間の連携などを決める設計を行って、設計を元にプログラムを書いて実装します。

そして実装されたものを実際に社内のみんなやお客様に使ってもらってサービスとして運用されます。

サービスを運用するまでの設計や実装ですね。

まず動くものを自分が作って、後は他のみんなに使ってもらって、運用してもらう。

アラタナのインフラエンジニアの主業務はネットショップの居場所であるサーバーの整備や運用、インターネット上の脅威から守るための監視やセキュリティメンテナンスなど、サーバーを主軸とした仕事ですが、時には新しいサービスや今あるサービスの追加機能の開発もするし、みんなが便利になるものや需要があるものの仕組み作りをすることもあります。

先陣切ってやって、ノウハウができだしたら後輩に任せます。

 

アラタナ)先陣切って新しいことに取り組んでいただいているおかげで、みんながスムーズに業務に取り組める社内基盤ができているんですね。
そんな月岡さんにとって、仕事をする上で大切にしていることってありますか?

 

月岡)食いついて食う!とりあえず試して、良い悪い、使える使えないを判断する。

インターネット上で新しい技術や情報が出て、概要はわかるけど、頭で理解するだけじゃわからないことが多いので、実際にインフラエンジニアとして手を動かして経験することですね。

あと、ちょっと試したら、他の人にすげえだろって自慢するくらいの勢いで教えるようにすると、自分が忘れない。

大事なのはそれを面白そうに伝えること。

新しいことを楽しまないと。

すべてさらけ出しますよ

アラタナ)楽しむことってのは大事ですね。

仕事だけでなく、インフラエンジニアとして大切にしていることも教えてください

 

月岡)出し惜しみしないこと。

一人の技術者として、持っている情報やスキルをすべてさらけ出すことですね。

人が手動で行っていることをコンピュータでやらせるために自動化するプログラムを書くことがありますが、自動化したプログラムには様々な技術のエッセンスが詰まっています。
このような技術が詰まった情報でも、共有してスキルアップしてもらう。

アラタナも、創業当時は組織内にインフラエンジニアもいない、インフラチームもなかったし、まずは状況を知って、自分が楽するため、そしてみんなが楽するために、自分の経験やスキルをすべて出しました。

今はインフラでもプログラマーでもエンジニアの方でも、技術に関する情報をブログで発信している方も多いですよね。
自分が勉強したことを、自分だけのものにせずに、他人のために共有するということなので、すごいと思いますね。

 

アラタナ)技術者として高い技術をもった人材は世の中に沢山いますし、それが評価に繋がります。
自分のスキルをさらけ出し共有することは、勇気のいることですよね。

 

月岡)企業やチームとしてみると全体の底上げになるから共有した方がいいんです。

全体の能力が上がれば、また個人の能力も上がるんですから、良い循環が生まれます。

 

アラタナ)私もその姿勢を見習いたいと思います。

では、そんな月岡さんにとって、仕事でやりがいを感じる瞬間ってどんなときですか?

 

月岡)メジャーな名のあるサイトは、やっぱり一日あたりのアクセス数が段違いに高いんです。

そういう場合、サーバーの負荷が高くてサイトを正常に動作させることが難しいです。

そういうサイトでもインフラエンジニアとして問題なく動作させて運用できたときは、やっぱり「よし!」ってなりますね。

あとは、自分で考えた新しいものが作れたときと、その新しいものがサービスとして機能し出したり、みんなにとって当たり前の技術となると、やっぱり「よし!」ってなります。

変態がうようよしてほしい

アラタナ)主に若手の人に向けて、どのようにしたらMVPを取れると思いますか?

 

月岡)おいしいところをかっさらっていくしかないじゃないですか!

技術的な目線で答えると、1つは今みんなが困っている内容を同じ目線で改善すること。

もう1つは違う目線で、今みんなにとって当たり前のことに対して新しいアプローチで価値を生み出すことの2つがあると思います。

自分は、新しいものを作る方が好きだけれど、喜ばれるのはみんなが困っていることを解決する方かもしれませんね。

楽したいじゃないですか、自動化できることはコンピューターにやらせましょ。

 

アラタナ)最後にアラタナに期待すること、自身が頑張っていきたいことを教えてください

 

月岡)アラタナに期待することは、たくさん変態がうようよして欲しい。

このままじゃやばいとみんなが思うような感じが欲しい。

アラタナカンファレンスみたいなことをして、他部署の人のノウハウとかを知りたい。

お祭り感が欲しいね。

頑張っていきたいことは、今はとりあえず英語ですかね。

アラタナ世界展開の波に乗っかりたい、ラスベガスに行って良い影響も受けたし、英語がしゃべれないと生きていけないくらいの環境に身を置いてみたい。

インフラエンジニアだけ社内公用語を英語にするのも面白いかもしれませんね。

 

インタビュー後記

考え方の基本にアラタナをよくするためにどうするかというものがあって、自分の経験やスキルを出し惜しみせずにすべてさらけ出しますと言っていたのが非常に印象的でした。

また、インタビューの中で度々出てきた、楽したいという言葉からインフラエンジニアのプライドを感じさせてもらえるインタビューでした。

インタビュアー:第一開発チーム 中島紳博

この記事を書いた人

アラタナニュース