ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

プロジェクトマネージャーは見た!プログラマータイプ別診断!

営業さんの重箱の隅をつついて回るのが日課のプロジェクトマネージャー阿諏訪(あすわ)です。
さて、我々のようなテクノロジーを扱う会社の営業さんがハートを射止めたお客様を幸せにするのがプログラマーやデザイナー、サポートスタッフといった制作に携わるスタッフ。

そして、自分たちプロジェクトマネージャーの役割なわけです。

最初にプロジェクトマネージャーについてご紹介します。
まず「プロジェクトマネジメント」とは、プロジェクトに与えられた目標を達成するために、人材・資金・設備・物資・スケジュールなどをバランスよく調整し、全体の進捗状況を管理する手法のことです。

私は日々、アラタナでネットショップの構築業務を円滑に行うためにプロジェクトの進行を担当する業務を「プロジェクトマネージャー」として行なっているわけです。

今日は、そんな私がプログラマーのタイプ別にお仕事をアサインする方法を見分けてみようっていうお話です。

プログラマーのタイプを理解することで、プロジェクトマネジメントはスムーズになる

お客様の要望に合わせて要件や納期が様々な案件に対応する必要がある日々の業務。
スモールスタートのお客様、大規模な構築を考えているお客様、はたまた複数の他社システムを予定している複雑な案件など、IT、ネットショップに携わるお仕事の内容や役割は千差万別になってきます。

ことITやテクノロジーを取り扱う業務にかかわらず、個人の性質や持っている力によって、この案件はこの人に向いている、この案件はこの人に向いていない、という適正は多々ありますよね。

これは、仕事が出来る出来ないという話ではなく業務を円滑にするための判断です。
この見極めと業務の適切なアサインをするのが、自分たちプロジェクトマネージャーの役割の一つでもあるわけです。

今回の記事では、プログラマーのタイプ別診断と一緒にお仕事をお願いするための口説き文句を用意しました。
もし、もしですよ、プログラマーさんに頼みにくいなぁ・・・って思っているけどなかなか口説けないとお嘆きのプロジェクトマネージャーさん、ぜひ使ってみてくださいね!

それではさっそく行ってみましょう。
プロジェクトマネージャーは見た!プログラマータイプ別診断!
(脳内BGMは火曜サスペンス調でお願いします。)

「その仕事オレに任せろ」必殺仕事人プログラマー

必殺仕事人プログラマー
■技術レベル:高
■おすすめの案件:大規模案件
■むいていない案件:比較的カスタマイズが必要ない案件、高い技術レベルを要求しない案件

正確無比なプログラム構築を武器に、スケジュール計画どおりに完璧に案件達成する。
まさに完全無欠のプログラマー。
それが「必殺仕事人プログラマー」です。

不明確な要件や仕様は的確な指示(そして駄目だし)で構築前に抹殺されます。
必殺仕事人プログラマーの通ったあとには何も(仕事が)残らない。
いやぁ、プログラマーの鑑です。

必殺仕事人プログラマーを口説き落とすのは、私達プロジェクトマネージャーでもちょっと大変。
大規模な案件を常日頃から抱えている事も多いため、「ちょっとそこまで」なんて気軽には頼みにくいプログラマーと診断。

しかしながら、要件をきっちり伝え、何をどうして、いつまでに対応したいのか。
基本を忠実にお願いすれば、意外とすんなり口説けちゃったり。
こちらもしっかり用意する時間が取れる案件、かつ技術レベルの要求が高い案件について安心して任せられることこの上ないプログラマーです。

口説き文句
「この技術レベルとなると、必殺仕事人プログラマーさんにしか頼めない案件です。」

気になったら止まらない。探求者プログラマー

気になりだすと知識の空に飛んでっちゃうよ探求者プログラマー
■技術レベル:中
■おすすめの案件:比較的カスタマイズが必要ない案件
■むいていない案件:過去に実例がないチャレンジングな案件、大規模案件

知的欲求の塊で、気になりだすと知識の空に飛んでっちゃうよ。
自分が納得するまでプログラムの真理追求に乗り出してしまう探求者。
それが「探求者プログラマー」です。

例えば、案件によってはお客様自身「どうすればいいか正解が分からない」という場合がありますよね。
案件の全容を解き明かし提案するのが営業マンの役割ですが、営業マンのスキルでも全容の解明が困難な場合には、この探求者プログラマーの出番です。

お客様と営業マンによって得られた近似解を解き明かし真の解を得たいそんな時、自分達プロジェクトマネージャーは探求者プログラマーの知的欲求と優しさに付け込みます。
「助けて」これが殺し文句です。(どう考えてもこの記事の公開後に仕事が頼みにくい・・・)

探求者プログラマーは、その知的欲求と優しさゆえ、本来の役割以上に幅広い業務に深入りしてしまう事も多々あります。
また、フットワークが軽く、フォローの達人でもありますので、社内で誰かが困っていると助けたくなる気質を持っていると診断。
プロジェクトマネージャーとしては、助けてもらいつつも、探求者プログラマーのタスクやスケジュール管理をそれとなく調整するなど、フォローすることが大切です。

口説き文句
「助けて」

トゲも愛嬌。ネガキャンプログラマー

やさしくスルーしてあげようネガキャンプログラマー
■技術レベル:中
■おすすめの案件:過去に実例がないチャレンジングな案件
■むいていない案件:各所との連携重視の案件

「やればいいんでしょっっっ!」
「うん」
それが、ネガキャン(ネガティブキャンペーン)プログラマーです。

まったく素直じゃないなぁ。
「頼みにくいなぁ」なんて思うプロジェクトマネージャーもいるかとおもいますが、自分はそうは思いません。

ネガキャンプログラマーはただのツンデレです。
口に出すネガティブワードは、まずはすべて受け止めてあげ、すべて無視しましょう。
そんなネガキャンプログラマーに限って、よくよく工数を確認すると他のプログラマーより受け持っている案件数多くないですか?
ネガキャンプログラマーは、なんだかんだ言いながら、断るのが苦手な「いい人」なだけなのです。

そして何より、プライドの高さでもって大型の案件も軽く乗りこなしてしまいます。
と言っても、トゲも持っているので周りのプロジェクトメンバーに影響を及ぼしてしまう時もあります。

お願いする時のコツは、ネガキャンプログラマーの良さを周りにそれとなくアピール出来るようにトゲがやわらか〜くなるようにお願いをすることがプロジェクトマネージャーの包容力です。
そしてネガキャンプログラマーを口説こうとする他の輩から守ってあげ、工数管理もきちんと目にかけることが、プロジェクトマネージャーの役割です。

口説き文句
「ネガキャンプログラマーさんならこの案件出来るな〜、ネガキャンプログラマーさんなら間違いない案件だな〜」

責任感の強い主人公プログラマー

結構責任感を感じるタイプな主人公プログラマー
■技術レベル:中
■おすすめの案件:各所との連携重視の案件
■むいていない案件:案件の詰め込みすぎに要注意!

すべてにおいて万能な知識・技術を持ち合わせるオールラウンダー。
それが、主人公プログラマーです。

これ!というとがった性能は持ち合わせていません。
が、全ての知識・技術といったスペックが他を凌駕する万能タイプのプログラマーが存在します。

プレない安定感から高い信頼をえる主人公プログラマーは、プロジェクトマネージャーの虎の子であります。
主人公プログラマーに任せておけば安心!

…と、全部が全部そういうわけでもなく。
その安定性能ゆえに、チーム全体の弱みをその身に受ける結果となる事が多々あります。
世界の運命をその肩に、はちょっと言いすぎですが、物事に巻き込まれやすく責任感も過大に感じやすい気質があるのも特徴であると診断します。
案件の詰め込みすぎでダークサイドにおちてしまう前に、チーム全体の弱みからマネジメント改善したいところですね!

プロジェクトマネージャーとしては、主人公プログラマーに案件を持って行くのは他のプログラマーに振られてしまったあとで最終的に行き着く場所。
そういう意味では、一番頼みにくいプログラマーと言えるでしょう。

口説き文句
「最後はここに行き着きました。」

まとめ

プロジェクトマネージャーは見た!プログラマータイプ別診断、いかがでしたか?
プロジェクトを円滑に進める上で、一緒に働く人物の人柄、技術や知識力にあわせた適切な判断がプロジェクトマネジメントには求められます。

診断力=マネジメントスキル!
口説き文句=マネージャースキル!
そして営業・マネジメントと制作は三人三脚!

プロジェクトマネージャーとしては、彼らプログラマーが雑事に惑わされることのない働きやすい環境を整備してあげることが一番大切です。

個性豊かなプログラマーたちと、手に手をとって一緒に戦ってゆきましょう!

最後にアラタナのプロジェクトマネージャーをご紹介。
イケメンマネージャー久保さんお洒落番長外丸さんに口説かれたらイチコロよね。

えーっとあと、アラタナでエンカウント率(困難な案件との遭遇率)が高いらしい坊主マネージャー藤崎さんっていうトップ営業の経験を持つプロジェクトマネージャーもどうぞ!

この記事を書いた人

仕事術