ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

笑顔が素敵!中田尚子!【2014年6月 さぽあぷ賞】

こんにちは!サポートチーム・中村真紀と吉田華子です。

夏ですね・・・台風や梅雨も過ぎ去り、宮崎は夏本番です。
でもこの暑さに負けることなく、元気いっぱい!今月のさぽあぷ賞をご紹介させていただきます。

なんと第八回です。
第八回は、2014年6月に「さぽあぷ賞」を受賞された中田尚子さんにお話を伺います。
なんと…二度目の受賞です!前回の受賞はこちら!

 

二度目の受賞!嬉しい反面、反省も…

中村・吉田)「さぽあぷ賞」受賞、おめでとうございます!
なんと、二度目の受賞ですね!受賞の感想を聞かせてください。

中田)最初に受賞した時は、「CSチームを立ち上げる=0から1にする」ということを認めてもらえて、純粋に嬉しかったです。今回の受賞は嬉しい反面、反省することもありました。
前回受賞してから「自分のみではなく、メンバーを輝かせたい。皆が輝ける環境を作りたい。」そう思うようになりました。
でも、今回はそこまでできなかった部分が反省点ですね…

組織も人も変わる中で、1にしたものを2にするのではなく、違う1にすることに向かってやってきました。正直、前回よりも今回の方がきつかったです。
でも心境は変わらず、メンバーのため。家族のため。1番は自分が自分でいるために頑張りました。

中村・吉田)自分だけではなく、周りのことも考えながらお仕事をされているんですね。
いつも、笑顔で明るく元気な中田さんを向かいの席からいつも見ています!
その源は何でしょうか?

中田)源というよりは、純粋に人が好きで。
自分だけではなく、皆が楽しくいて欲しいと思っています。
明るくしているのは、自分を守っているという意味もあるかもしれないですね。
でも、仕事はコミュニケーションが大事なので、その一貫かな。

 

残業ができない。だからこそ。


中村・吉田)私達は入社して日が浅いので、改めてCSチームお仕事について教えていただきたいのですが、実際どのようなお仕事をされていますか?

中田)CSチームは「カスタマーサポート」ですので、アラタナの窓口になります。
カゴラボをご利用いただいているお客様のサポートはもちろんですが、メンバーが適正なお仕事をできるように社内のサポートもしています。

中村・吉田)いろんなお仕事をされているチームなのですね!
多方面のお仕事をされることってすごく大変だと思うのですが、どのようにお仕事されていますか?
また、やりがいを感じる時はどんな時でしょうか?

中田)私は子供がいるので、あまり残業ができません。
だからこそ仕事をする時には、時間をどうコントロールするか…
要は「取捨選択」を意識しながら、今しかできないことを優先的に進めます。
時間をコントロールすること、取捨選択については、上手くやれているんじゃないかと思いますね。
やりがいを感じる時は、人の変化を感じた時です。
メンバーの成長を感じるとすごく嬉しいです。

 

ママの顔・自分の顔


中村・吉田)次に、プライベートの中田さん自身についてお話を伺いたいです。
先ほどのお話にも少し出てきましたが、お子さんがいらっしゃいますよね。
仕事と子育てで忙しい中で、楽しんでいることや趣味はありますか?

中田)趣味になるか分からないですけど、本屋さんに行くことが好きですね。
この本が好き!というより本屋さんが好きです。
雑誌を読んだり、写真を見たりしながら妄想しています。(笑)

あと、洋服が好きなので、お店を回ったりしてます。
実は静かなところが好きなので、子供がいなくても公園に行ったりしていました。
本当は…根暗です。(笑)
楽しんでいる事というよりは、自分の時間を取るために週に1回「朝風呂」します。
雑誌を読んだり、スクラブしたり。

中村・吉田)朝風呂良いですね~。
アラタナサイトに掲載されているプロフィールに好きな食べ物は「餃子」と書かれていますが、ご家族でよく食べに行かれるんですか?

中田)自分で作ります。
餃子が好きというより、ビールに合うものが好きですね。
ニンニクが入っていればOKって感じです。(笑)
料理しているように見えない…と言われますが、息子が好きな煮物やパスタとか作ってますよ!
意外にやってます!!

中村・吉田)中田さんが作る料理ぜひ食べてみたいですね。
前回のインタビューの際、「働くママ=大変じゃない!」とお話しされていましたが、両立する際に工夫していること、大切にしていることがあれば教えてください。
また、お子さんを産んだことで変化はありましたか?

中田)工夫していることは、やはり取捨選択ですね。
でもそれだけではなくて、何事もどうやるかがポイントだと思います。
「家事をしなくちゃいけない」「子供と遊ばなきゃ」など、「こうあるべき」にしてしまうとすごく疲れてしまう。
産後、復帰した時にそういう時期が私にもあって、仕事が楽しめなくなりました。
でも、子供が成長し、家事を通して子供と触れ合う機会が増えたことで、何事もどうやるかが大事だと思うようになりました。

気持ちの変化としては子供を産んで、ゆるがない支えができましたね。
子供が親にしてくれますし、子供から学ぶことがたくさんあります。
守っているようで、守ってもらっています。
保育園のお迎えがいつも最後になってしまって、一緒にいる時間が多くないと思うので、子供がご飯を食べている時は隣にいるとか、寝る前には「おやすみギュー♡」して子供といる時間を大切にしています。

 

将来、笑っていれるよう


中村・吉田)それでは最後に!
今回、二度目の受賞をされ、メンバーの目指すべき姿となっている中田さんですが、今度こうなりたい!など、今の考えや想いを教えてください。

中田)色々と将来のこと考えますね。いろいろありすぎて…
でも将来、笑っていたいですね。
そのためにも、今を必死で頑張っています!頑張ります!

 
以上、今回はアラタナの元気ママ、中田尚子さんをご紹介させていただきました。

中田尚子さんに興味をお持ちいただけましたでしょうか?
次回ご紹介するのは、2014年7月に「さぽあぷ賞」を受賞された竹之内梓さんです。

これからも個性あふれるアラタナメンバーをご紹介していきますので、お楽しみに!

この記事を書いた人

アラタナニュース