ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

シングルファーザーのサバイバル術(整理術編)

元気ですか!悩みなきシングルファーザー(執筆時点)のミヤザキです。三姉妹のシングルファーザーとして1年間生き延びてきました。その中でいろいろなワザを身につけてきましたので、それを小出しにしていこうと思います。今回は家の整理術。元気いっぱい傍若無人な三姉妹の巣窟をどう整理しているか紹介します。

 

子ども3人ひとり親家庭の家の中

意外とちらかってない

ファンキー加藤よりもファンキーな子どもたちが3人もいれば、家の中はさぞかしちらかっていることでしょう。と思われるかもしれませんが、意外とちらかっていませんよ。ヘタしたらアラサー独身男性のワンルームよりもキレイかも。

miyazaki_home_living

 

モノがないからちらからない

なぜちらかっていないか。答えはかんたん。モノがないんです。テレビ、ソファー、固定電話、デスクトップパソコン、インターネット接続機器類、プリンター、ダイオウグソクムシ、何もありません。

実はミヤザキは片づけるのが大の苦手。オフィスの机の上が芸術的に汚いとよく誉められています。そんな僕が部屋を整理する方法はただひとつ。そもそも、部屋を片づけなければならない状況に自分を置かない!どーん!つまり、モノがなければ片づけなくていいんです。

miyazaki_home_kitchen

 

創造的混沌

といっても、何も持たなければいいかというと、そういうわけにはいきません。子どもは整理整頓された部屋よりもゴチャゴチャした部屋のほうがクリエイティブに育つというどこで読んだかわからない教育論をミヤザキは信じています。そのため、子どものおもちゃスペースは絶望的にグッチャグチャです。僕はこれを創造的混沌と呼んでいます。ミヤザキの机の上が汚いのはクリエイティブに仕事をするためです。わざとです、これ!

写真左側、和室の死角になっているところに押入れがあります。そこの下段には適当に箱やカゴを置いて、おもちゃをグッチャグチャに放り込んでいます。ちなみに押入れの上段は布団を1枚だけ敷いていて、子どもの遊び場になっています。クリエイティブな押入れ。

miyazaki_home_rooms

 

整理整頓の必勝法

捨てる技術

さてさて、モノを捨てる技術のお話です。捨てたくても捨てられない人は多いんじゃないでしょうか。いつか使うかもー、などという話はよく聞きます。それ、使わないです!最悪、使うときにはどこかで調達できます。現代の日本では。

モノを捨てるのが苦手な人たちは、ある勘違いをしています。「いらないモノを捨てる」のではないのです。「本当に必要なモノを残して、それ以外はすべて捨てる」が正解です。捨てるというのは、自分にとって本当に大切なモノが何かを考えるという行為なのです。

 

住所のあるモノたち

モノが減ったら、それぞれモノの住所を決めます。家の中が住所のないモノであふれてませんか?使い終わったら片づける。小学校で習ったコレが大切です。ところがモノが多いと片づける場所がなかったり決まっていなかったりします。ですから、整理をする前に捨てるということが重要なのです。

3人の子どもたちをひとりで育てていると、時間との勝負という局面が多くなります。家の中のどこに何があるかを把握しておくことで、家事にかかる時間を少しでも短縮しなければなりません。このときもモノが少なければ、そもそも覚えておかなければならない住所も少なくて済みますね。

 

スペースをつくる

家の中を整理整頓すると、押入や引き出しにモノをキッチリ詰め込む人がいます。そうすると、使ったモノを片づけにくくなったり、新たに増えたモノの居場所がなくなったりします。そして、どんどんちらかっていく。ここでのポイントは、スペースをつくるということです。

モノを捨てると自然とスペースが増えるのですが、そのスペースを各収納場所に分散させます。これで多少想定外のモノが増えても対応できますし、モノを片づけるときにも楽ですね。

miyazaki_home_closet

写真は自分の部屋のクローゼットです。奥に見えるのはパソコンのディスプレイで、まもなくオフィスに持っていきます。ごっそりスペースが空いてますね。子どものおもちゃスペースも同じようにたっぷりと確保しています。子ども部屋が創造的混沌の状態でも、このようなスペースにおもちゃをポンポン放り込めばすぐに掃除機をかけられる状態になります。

 

思い立ったが吉日

ソーシャル譲渡

それでは、さっそく家の中を大整理してみましょう。大変なのは最初の一回だけです。あとは普段からちょっと気をつけておくだけで大丈夫です。

まずは大物を処分しましょう。使えるモノは使いたい人が使うのが一番です。テレビやプリンター、暖房機器などすべて人に譲りました。このとき大活躍するのがTwitterやFacebookなどのSNSです。写真をアップして欲しい人を募集するとあっと言う間にもらい手が見つかります。フリーペーパーの「あげます・ください」コーナーよりも効率的ですね。ITばんざい!

 

ごみ袋(大)の準備

大物を処分したら、次はその他ゴタゴタを片づけます。ごみ袋(大)を買ってきてください。思った以上に必要になります。もともとモノが少なかった我が家でも、ごみ袋(大)に6袋の不要品が出ました。

ここでのポイントは、繰り返しになりますが、「不要なモノを捨てるのではなく、本当に必要なモノ以外はすべて捨てる」です。洋服も気に入ったものだけを残します。気に入っている服を着ているほうがテンション上がりますよね。収納用品も、そもそもモノがなければ不要になります。モノを増やすために収納用品を増やすというのもヘンな話ですよね。

 

モノがない状態を維持する

いったんモノを減らしてその住所を決定したら、あとは楽に維持できます。モノが増える状況に遭遇したら、たとえば急に何か買いたいモノが出てきたとか、それが本当に必要なのかテンションがあがるのか自問自答します。そうすると、実はそれほど欲しくなかったという結論にたどり着くことが多いと思います。そもそも、モノの少ない家で暮らしていると、モノを欲しいと思うことも少なくなった気がします。(そしてお金が貯まります!)

それでもどうしてもモノが増えるときには、代わりに何かを手放せないかと考えます。Tシャツを買ったときには、そういえばあのTシャツはあまり着てないなあ、とか。本を買ったときには、あの本は電子書籍が出てたから捨ててもいいや、とか。それでもそれでも、どーしても、モノが増えるとしても、前述のように十分なスペースを確保していれば大丈夫ですね。

miyazaki_home_desk

 

こんな感じで、子ども3人ひとり親家庭でも意外とちらかっていない家で暮らすことができています。まあ、写真を撮る前に軽く片づけているので、話半分に聞いてくださいね。子どもはコントロールする対象ではないので、子どもに整理整頓を強要しないこと。そうすることで、余計なストレスをためないというのもポイントでしょうか。

そんなシングルファーザー流の子育てなど、興味がある方が多ければ書いてみたいなあと思っています。この記事の反応が多ければ、編集長から書けという指令が飛んでくるでしょう。逆に、続編が書かれなければ、この記事人気なかったんだなあと判断してください。もしくは、ミヤザキが書くの飽きたか。

また、家事、育児、仕事術など、質問があればぜひお寄せください。次の記事が書かれるかどうかは、みなさんの反響(とミヤザキの飽きっぽさ)にかかっています!

この記事を書いた人

アラタナニュース

イベント・セミナー情報