ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

【アラタナ第八期MVP】マーケティングディレクター 本庄拓郎 受賞インタビュー

ベンチャー企業アラタナでは、半期毎に部署やチームに関係なくメンバー全員からの投票にてMVP等の受賞者を決めています。

今回はアラタナ第八期MVPに選ばれたマーケティングチーム所属の本庄拓郎(ほんじょう たくろう)さんにお話をお伺いします。

チームメンバーの笑顔が一番の印象

アラタナインタビュー(以下 アラタナ)MVPおめでとうございます。
「アラタナ第八期MVP」を受賞された時の感想をお聞かせください。

本庄拓郎(以下 本庄)キックオフの時にMVPの発表があり、(アラタナには半期毎に、全社員が集結して行う「キックオフ」という会社行事があります)そこで名前を呼ばれた時は、ただただ驚きでした。
まだ入社2年と社歴が浅いので、まだまだだろうなと思っていたので…
でも、その驚きのなかで一番印象的だったのは、チームのメンバーの満面の笑みですね。
このMVPはマーケティングチームの皆を代表して、受賞したと思っています。

アラタナ) マーケティングチームは、社内でもよくコミュニケーションを取り合い、チーム全体で仕事をしているというイメージが強いですよね。

そんなマーケティングチームに入られてまだ2年目の本庄さんですが、本庄さんがアラタナで働くにあたって、ターニングポイントとなった出来事はありますか?

本庄) ターニングポイントは、アラタナに入社したことです。
入社するタイミングでマーケティングチームを立ち上げたので、業務フローもなければ評価の基準もなく、ゼロからチームを組み立てていく必要がありました。
中途入社の僕が新しいチームを編成するにあたって、個人だけでなく、チームとして結果を求められていることは分かっていましたので、圧倒的な結果を出し続けなければ、と常に全力で走り続けてきました。
MVP受賞のお祝いにと、前職の上司からもビデオメッセージをいただき、こうして継続的に結果を出せていることは、素直に嬉しいです。

数字にこだわる

本庄さんMVP7
アラタナ) いつも忙しそうにパソコンに向かっている本庄さんですが、どのようなお仕事をされているのでしょうか?

本庄) 主にWebマーケティングでお客様の売り上げを伸ばす仕事をしています。そのほかに広告の運用や予算組み、チームのとりまとめ、時々メンバーの教育などです。常に「チーム全体を見る」ということを心がけながら仕事をしています。

アラタナ) 仕事をする上で大事にしていることは何でしょうか?

本庄) 当たり前のことですが、数字にこだわっています。今の業務は「売上」「訪問数」「CV数」など、すべて数字で評価され、結果=数字です。
ですので、会社で一番と言ってもいいほど、数字にはこだわっていると思います。
あと、チームとして大事にしていることが2つあり、上司の土屋も常々言っているんですが、「顧客目線」と「チームワーク」です。
「顧客目線」というのは、僕らにとってのお客様ではなく、お客様のお客様(エンドユーザー様)の目線を常に持つってことですね。
ユーザーが欲しい情報は何なのか?、ストレスを感じない購入フローは?など、ユーザー目線で常に考えるようにしています。
「チームワーク」は、もちろん社内のチームという意味もあるのですが、お客様も含めて1つのチーム、と考えています。一方だけが頑張っても成果はついてこないと思いますので、目標に向かって双方が協力してアクションを起こしていく事をとても大事に考えています。

武器があった

本庄さんMVP6
アラタナ) マーケティングチームには欠かせない存在である本庄さんですが、どういった点が評価され、MVPを受賞できたと思いますか?

本庄) 僕には武器があったからだと思います。入社当時からアラタナのマーケティングチームで、僕にしかできない仕事を請け負っていました。
その結果、お客様から”ありがとう”をいただくことができ、社内だけでなくお客様からも評価されたことが受賞に結び付いたのかと思います。

アラタナ) お客様からの“ありがとう“は評価されていることでもあり、嬉しいですよね。その裏で様々な努力を続けているかと思うのですが、頑張った事やトピックを教えてください。

本庄) あんまり頑張ったという感覚がないんですよね‥。まだ本気出してないし(笑)
でも頑張った思い出と言えば、松葉杖で福岡出張に行ったことですね!
雨が降ってて滑りやすいなか、かなり歩き回ったので手の平がパンパンになって、その後2週間くらい痛かったです。
前日のフットサルで靭帯を切った自分が悪いんですけどね…
もっと頑張ろうと思ったトピックスは、お客様と月次の報告ミーティングをしている際に、「絶対MVP取ってくださいね!」って言われたことですね。
お客様にそこまで言っていただけるなんて幸せなことだなぁ、と。
と同時に、もっと貢献できるように頑張ろうと思いました。

一歩ずつ成長

本庄さんMVP3
アラタナ) 最後に今後の目標、取り組んでいきたいことを教えてください。

本庄) まずは九州で一番の会社。指標はもちろん売り上げです。一気に成長はできないと思っているので、一歩ずつチームで成長し続けていきたいと思います。
取り組みたい事はまだまだたくさんあります。例えば、情報を発信する側に回ることやお客様の商品開発からマーケティングに参加すること、お客様とお客様をつなげる仕事など、本当にたくさん。
そのためには今を大事に、結果を出し続けることが大事だと思っていますし、これからも走り続けたいと思います。

アラタナ) ありがとうございました。
お忙しいと思いますが、体を壊さないように頑張ってください。応援しています!
本庄さんMVP4

インタビュー後記
しっかりと結果を出し、それを継続し続けるという仕事へのこだわりの強さと、それでいてチームへの思いやりも忘れない本庄さんのやさしさを感じることが出来ました。これからしっかりと背中を追いかけ、追い越したいと思います!
インタビュアー:マーケティングチーム 甲斐 誉章

この記事を書いた人

アラタナの中の人