ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

EC運営者自身が開発したスマホ最適化ツール「Flipdesk(フリップデスク)」

ECのスマホ対応できていますか?
スマホ対応といっても、テンプレートのスマホ化ではないですよ。この辺りのお話は、ネットショップのスマホ対応って何だ??でもお伝えしているのですが、本当のECのスマホ対応はスマホテンプレート化ではなく

  • 目標にしている訪問数の数値を20%増しで設定する。
  • 購入意欲を高める施策に注力する。

ことです。

スマホは、隙間時間に使われるなど利用状況からも購入率が下がる傾向にあり、PCの運営がそのまま通用するわけではありません。

そんな、本当のスマホ対応に役立つ強力なツールがFlipdeskです。
今回、Flipdeskの開発元である、株式会社SocketのCEO安藤さんにインタビューさせて頂いたのでご紹介したいと思います。

Flipdeskが生まれた理由

スマホはPCよりも素早い対応が求められます。
例えば、「テレビなどで商品情報が露出する」→「スマホで検索して商品を探す」という様に、これまでPCメインの時代ではなかったユーザー行動への対応です。

しかし、素早い対応が求められるのに、システムや運用面の制約があったり、バナーを作ったりコーディングしているのに時間がかかってしまってはチャンスを逃すことになってしまいます。
素早い対応ができないことによる機会損失はスマホECにおいては避けなければなりません。

1

Flipdeskは、ECサイトの運営者が開発したツールです。
私自身、大手のECサイトの運営にも携わっていましたが、スマホへの対応が遅く、システムの制約上、小さな変更にも数日かかることもあり困っていました。
そんな経験から、ECサイト運営者やマーケティング担当者が、コーディングなどの専門知識が無くても、スマホの画面を編集できるツールがあると助かると感じていたんです。

Flipdeskは閲覧者の属性を自動的に判別します

スマホの場合、PCと比べてタップできるエリアも限られているので、情報に到達できずに迷子になってしまうこともあります。

女性が閲覧していればレディース商品を、男性が閲覧していればメンズの商品をと、閲覧ユーザーに合わせて見せる情報をコントロールできるとCVRが高まるのも容易に想像できます。

更に、

  • 購入履歴データと連携して過去にAの商品を買っている顧客にはBの商品を紹介する
  • 新規ユーザーには会員登録を促す
  • 送料無料条件未満の購入金額のユーザーに対して、後○○円で送料無料とアピールする

2
「ailand」 より

などができることで、訪問ユーザーのアクション率を高めることに繋がります。

1

Flipdeskは、第3社配信のデータとも連携し、訪問者の年代・性別などのデモグラフィック属性データや、趣味・関心などのサイコグラフィック属性データを活用し、より精度の高い販促・接客の最適化も実現できます。
WEBを活用すれば、リアルの接客よりも高いレベルの接客が可能な時代になってきているのです。

Flipdeskの利用イメージ

以下に利用イメージをご紹介します。
これ以外にも、数多くの表示方法を実現できますので、試されるのをおすすめします!

サイト閲覧時の表示をユニークにする

バナー設置などでは、閲覧者に発見してもらい辛いことがありますが、左イメージではページのボタンに注目してもらえるような工夫ができます。
右イメージでは、画面全体にレイヤーがかかって、閲覧してほしいページへの誘導を強化することができます。

3
「SOW」 より

購入履歴データを活用して動的なページを表示する

購入履歴データを参照して、スタイリングを提案することもできます。
気に入ったスタイリングがあれば商品を買い足すなどの動きを期待することができるでしょう。

4
「.st」LOWRYS FARM商品ページ より
http://socket.co.jp/news/20150514-123/

1

Flipdeskでは、バナー作成も画像作成の知識がない方も簡単にできる様に、数多くの素材が準備されています。素材を選んで、テキストを入力するだけでバナーを作成できてしまいます。
また、JavaScriptの知識が無くても、JavaScriptの技術を活用したクリエティブを実現することができます。
更に、ABテストも行えるので、2つのクリエイティブを登録して効果のある方を正式に採用するなども可能です。

まとめ

高いレベルのECのスマホ対応を行うためのツールに求められることは

  • 素早く簡単な操作性
  • 閲覧者に気付いてもらえる工夫ができること
  • 複数のクリエティブから、より効果的なクリエティブを把握できること

です。

その、いずれの点においても、Flipdeskは高いレベルで実現できています。
さらに。。。料金は、月間100万PVまでのサイトであれば初期費用が50,000円、月額料金が10万PVごと5,000円となっており低コストではじめることが可能なので、中小のECサイトも試さない理由が見当たりません。

5

「Flipdesk」サイトご利用料金ページ より

1

Flipdeskの強みはサポート体制にあります。
Flipdeskは効果的なツールである一方、新しいツールなのでノウハウは(他のツールと比較して)一般的に知られていません。
ノウハウが多い人間が運用すれば、より高い成果を効率的に得ることができます。
Flipdeskはオプションで運用サポートも可能なのでぜひご用命ください。

 

最後に、2015年10月15日(木)に開催するアラタナカンファレンスの第2部 ECテクノロジーセミナーでも、Flipdeskを運営している株式会社Socket 代表取締役 安藤さんにご登壇頂きますので是非ご参加ください。

event_main

http://www.aratana.jp/event/aratana_conference2015.html

この記事を書いた人

EC業界の今

イベント・セミナー情報