ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

【アラタナ第八期MVP】経営管理本部 緒方佑基 受賞インタビュー

アラタナでは、半期毎に部署やチームに関係なくメンバー全員からの投票にてMVP等の受賞者を決めています。
今回はアラタナ第八期通期MVPに選ばれた経営管理本部の緒方佑基(おがた ゆうき)さんにお話をお伺いします。

アラタナだったから、僕がMVPを受賞できた

アラタナインタビュー(以下 アラタナ) まずは、通期MVPの受賞おめでとうございます。
受賞された時の感想をお聞かせください。

緒方佑基(以下 緒方) まさか自分が受賞できるとは思っていませんでした。
僕は人事総務・広報チーム所属ですが、このチームは間接部門ということで、社内から見えにくい部門だと思うんです。席もフロアの一番奥の場所です(笑)だから、受賞者の発表で自分の名前が呼ばれたときは、「ほんとかな?」と思いました。

DSCF1214OK変更済み

アラタナ)どういった点が評価され、受賞できたと思いますか?

緒方) 実は受賞した理由が僕の中で疑問だったんですが、MVPの盾に「本当に困ったときに頼りになる、力になってくれる」ってコメントがあったんです。このコメントをくれた人とは、あまり接点がありませんでした。「ちゃんと見ていてくれていたんだな~」と、とてもうれしかったですね!
アラタナのメンバーはみんなすごく優しくて、本当にちょっとしたことで1回、2回やり取りをしたくらいの間柄でも自分のことを見ていてくれて、自分の仕事ぶりに感謝してくれて、評価してくれてたんだなと思いました。自分ががんばっていたからというよりも、投票してくれるのが”アラタナのメンバーだったから”受賞できたと思います。他の会社だったら、僕は受賞してないと思うんです。
本当にアラタナは、すばらしい人ばっかりです。1人だけ、「調子に乗るなよ~」って言ってくれた人もいました。冗談で言ったんだと思いますけど、そういう風に応援してくれる人もいるんです。

MVPを受賞してから、仕事で本当にしんどいときに、MVPをもらえたということが僕の支えになっています。だから、MVPというものを背負ってこれからも頑張っていこうと思います。

DSCF1218変更済み

アラタナ) 緒方さんはアラタナで一番忙しいのでは!?とメンバーが言っているのをよく聞きます。縁の下の力持ちと言われるチームで仕事されている緒方さんですが、具体的にどのような仕事をしているんですか?

緒方) 8期までは、人事総務・広報全般の仕事をしていました。出張手配、備品発注から始まり、給与計算や就業規則の整備などの仕事です。蛍光灯を換えて回ったりもしていました。なんでも屋さんです!
現在は、社内プロジェクトを遂行したり、様々な制度の対応などを行っています。

去年から現在までに実務を経験し、今度はチームを動かす立場で日々仕事をしています。
僕は「とりあえず、何の仕事でも受け入れよう!」ということを大切にして働いています。

以前働いていた会社では、経営企画やマーケティングの仕事をしていたんです。
アラタナに入社してからまったく未経験の人事や総務や広報の仕事をすることになりました。アラタナにきてこの仕事をするまでは、書類を郵送することさえも他の人にお願いしていました。いざ、総務の仕事をしようとしたときにレターパックもどうやって送ったらいいか分からない状態だったんです。この仕事はそういった細かい作業が多かったり、イレギュラーな仕事があったり、はたまたルーティンワークも…幅広い仕事内容なんです。また、メンバーが誰に解決してもらえればいいかわからないといった疑問を受け止めて、その疑問を解決できる人を探したりもしています。
そんな中で、「何の仕事でも受け入れよう!」と決めました。毎日自分の限界に挑戦している感じですね。

そういうがむしゃらな仕事の仕方を許してくれた当時の上司にとても感謝しています。

DSCF1213OK変更済み

仲間を守れる力をつけたかった

アラタナ) 本当になんでもやってらっしゃいましたよね。困ったら緒方さんのところに行こう、ってみんな思ってましたし…みんなに頼られてとても忙しかったと思いますが、がんばり続けられた理由はありますか?

緒方) 新卒で入社した別の会社での出来事なんですけど、一緒に働いていた仲のいい同期が、いつの間にか会社を辞めなければいけないくらいまで体を壊していた、ということがあったんですね。僕は仲のいい同期だったはずなのに、それに気付けませんでした。
なんでもっと早く気付いて、彼を守れなかったんだろうってすごく後悔しました。

それからですね。一緒に働く仲間を守れる人になる、って決めたので、とにかく会社っていう組織の中で通用する力をつけたかったんです。
だから、来る仕事は全て拒まずに、できることはなんでもやりました。
色々な経験をして、とにかく自分の糧にしていこうって思っていたので。

アラタナ) そんな決意があって、仕事をがんばっていたんですね!
MVPを受賞されたあと、9期に入ってからはグループ長としてまさに部下を守り、指導する立場になられましたよね。
何か仕事をする上での変化はありますか?

緒方) 9期に入って、グループ長という立場になってからは、自分ががむしゃらにがんばる、ではなく会社や立場の変化に合わせて自分の仕事のスタイルも変化させていかないと、という意識を強く持つようになりました。それが自分の成長だけでなく、メンバーの成長にもつながると思うんです。
毎日全力でがんばることに変わりはないですけどね…
アラタナはまだまだ成長途中のベンチャー企業ですから、会社の成長やフェーズによって求められること・やるべきことはどんどん変化しますよね。置いていかれないように、走り続けないと!って思います。

DSCF1240OK変更済み

アラタナが光をあたえる存在に

アラタナ) 会社の成長に負けないように自分の仕事のスタイルも変化させていく。柔軟にたくさんの仕事を受けてきた緒方さんだからこそのコメントのように感じます!最後の質問になるのですが、これからのアラタナについて、どうなってほしいと思いますか?

緒方) アラタナがある宮崎県は、やっぱり都市部に比べて元気さが少し足りない気がするんです。
だから、アラタナが先陣をきって民間企業として輝いていってほしい、輝いていきたい!と思いますね。
ベンチャー企業で、”宮崎に1000人の雇用をつくる”というビジョンを掲げていますからね。その使命感をもって、アラタナがほかの会社に光をあたえる存在になれればいいな、なりたいな!と思います。
そうやって頑張っていると自然とみんな応援してくれますからね。

アラタナ) ありがとうございました!
メンバーに何かコメントがあればお願いします!

緒方) これまで「忙しい」を言い訳にして、メンバーの皆さんと食事に行ったり飲みに行ったりすることがほとんどありませんでした。他のメンバーと話す機会を増やして、助けたいと思ったときにすぐに助けられる、そんな関係を築いていきたいです。だから、今後は皆さんと交流する時間も大切にしながら仕事をがんばっていきたいと思っているので
「一緒にご飯、行きませんか?」

垂れ幕をもつ緒方さん

 

インタビュー後記
終始、「普段こんなことをじっくり考える機会ないからな~」と言いながらインタビューを受けてくださった緒方さん。普段はメンバーの話を聞く立場の方なので、ご自身のことを話される姿が印象的でした。「仲間を守れる力をつけたい」という思いを抱えながら、毎日頑張っていらっしゃるんだなと、そんなお話がたくさん聞けて良かったです。緒方さん、ご飯いつ行きましょーか!!
インタビュアー:管理部 倉住成恵

この記事を書いた人

アラタナの中の人