ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

アラタナサーフィン部 特別編 人生初のオーダーサーフボード

こんにちは。アラタナサーフィン部の外丸です。

今回は私事ながら、、人生初のオーダーサーフボードが完成したので、オーダーから完成までの過程をご紹介させていただきます!

初めてのサーフボードオーダーへ

4月某日、宮崎市学園木花台にある、First Tripさんへ。

First Tripさんは、世界中から買い付けた一点物のアンティーク雑貨を販売しています。

オーナーの赤田さん(通称タケさん)はサーファーで、年に数回アメリカへの買い付けとともにサーフトリップ。
宮崎では早朝から波乗り、それからお店・ネットショップのお仕事、といった生活をしています。

IMG_6011

そんなタケさんと一緒に、どんな板にするか話し合いました。

IMG_6013

ちなみに、私のこれまでのサーフボード遍歴は、6’3の初心者用ボードに乗り、6’1のショートボードでアップスの練習中、といった感じです。(どちらも既製品)

まずは、どんな板に乗ってみたいか聞かれたので、今よりもっと短い板、フィッシュボードやミニシモンズに乗ってみたい、と伝えたところ・・・。

タケさんは「うーん」と少し困った感じ。
こういった板はしっかりとレールを入れる波乗りができていないと難しい、さらに短い板だと、テイクオフできる回数も減ってしまうだろう、と丁寧に教えてくれました。

確かに。頭では理解しているつもりでも、やっぱり短い板への憧れがあるんですよねー。これは、初心者サーファーあるあるではないでしょうか(笑)

お店にあるサーフボードについて説明してもらいながら、どうしようかと悩んでいると、タケさんが、「少し長めだけど、よく動く板があるよー」と、ある板を紹介してくれました。

IMG_6008

ここで、ピンとくるものがありました…!
愛読しているサーフィンブログの影響で、ミッドレングスボードにも興味があったんです。

参考:ジコマン三刀流のすすめ_サーフボード三本で波乗りの楽しさは無限大

理想のイメージが固まれば、あとはドンドンと決まっていきます!
長さは7’、フィンはクアッド+シングルボックス。

IMG_6019

クアッド+シングルボックスの何が良いかといいますと、
まずは、クアッドで乗って波乗りに慣れていき、波が綺麗に割れているときは、シングルで乗ってみたり、、、といった使い分けができるのです!贅沢!!

ちなみに、フィンセッティングについて、すごく簡単に説明します。

クアッドはフィンが4本あり、非常に動かしやすいので、初心者〜中級者も安心して楽しめるセッティングです。

シングルは、フィンが1本のため余計な抵抗が少なく、スピードが出やすいのが特徴です。ただし、レールワーク(サイドのレールを深く入れる技術)が必要で、玄人好みなサーフィンに向いているセッティングです。

そして、色を決めます。
サーフィン雑誌を見ながら、どんなデザインがいいか考えます。
そこで目にとまったのは、80年代のカタログに載っていたサーフボード。少しレトロな雰囲気が今回オーダーする板にマッチしそう、ということで、イエロー 〜 オレンジのグラデーションで決定しました!

IMG_5999

最後にマークを入れる位置を決めて、オーダー内容が決まりました!

あとは、出来上がりを待つのみです。

待っている間もミッドレングスの乗り方を色々調べたり、シングルフィンの波乗り動画をチェックしたりと、イメージを膨らませながら、ワクワクしていました。

サーフボードファクトリー見学へ

そして、偶然にもゴールデンウィークは鹿児島旅行をすることになりまして、サーフボードを作成してくれるEBISU SURFさんにお邪魔してきました。

IMG_5943

鹿児島の江口浜、海の目の前に、サーフボードファクトリーとショップを併設したお店があり、後夷さん(通称BOSS)がサーフボードを作成しています。

ご挨拶をして、サーフボードファクトリーを見学させていただきました。

IMG_5945

サーフボードのもとになるフォームをカットし、それぞれのオーダーに合わせてシェイプしていきます。

IMG_1029

シェイプした後は、様々な色を混ぜ合わせて、カラーリングし、マークを入れて、ラミネート(フォームを包み込む作業)して、コーティングします。

EBISU SURFさんは、BOSSが全ての工程を一人で、そして手作業でサーフボードを作りあげているのです!

「散らかっていてごめんねー」と言いながら、「少しでも多くボードを作っていたいんだ」と語るBOSS。
その言葉から、サーフボード職人のこだわり、魂を感じました。

BOSSが作るボードは、ショート〜ロング、長さも形も様々。デザイン、カラーリングも多彩です。
左右非対称のサーフボードなど、少し変わった形にも積極的に取り組んでいて、多種多様なサーフボードを作りあげています。
是非、こちらのボードコレクションもご覧ください!

IMG_6050

他にも、オーダー中の板に関するお話や、、もう次はどんな板にするか話したり(笑)

サーフボードを作っていただく方にお会いし、作成する場所を実際に見ることができたのは、本当に貴重な経験でした。

ついにオーダーサーフボードが完成!

そして6月某日、ついにサーフボードが完成し、さっそく波乗りしてきました!

IMG_6052

朝6時。タケさんと一緒に加江田ポイントに入水。
この日の状況は、サイズは胸〜肩くらい、少し波がバラけているけれど、形良く割れる波もチラホラといった感じです。

IMG_6051

フューチャーフィンのクアッドセッティング。

サーフボードが完成したという実感を噛みしめながら、どんな乗り心地なのかなー、とワクワクしながら海に向かいます。

IMG_6044

パドルし始めて、さっそく感じる抜群の安定感!ちょっと波数が多いので、ヒーヒー言いながら沖に出ます。

そして、間もなくして、タケさんから「あの波あの波!ゴーゴー!!」の合図!

クルッと板を返して、あとは迷うことなくパドル!

スーッと板が押され始めて、テイクオフ!

立った視線の先には、高い波の壁が続いています!
今まで見たことのない光景が、目の前に!!

心地よい疾走感。そしていつもよりも長く波に乗っているように感じました。

1本目からロングライドでき、最高の乗り心地!
長さがある分、テイクオフの滑り出しが早く、立ってからも安定感があります。

この板はじーーーっくりと、体重をかけて乗っていくと、さらに加速していくとのこと。
ブンブンと身体を横に振ってしまう癖があるので、これからはゆったりとしたイメージを持ちながら、練習してみます!

このサーフボードとともに、カッコいいサーファーを目指します!

IMG_6033

この新しいサーフボードで、バンバンeenamiに乗って、ドンドンと上達できそうです!
最高のサーフボードを手に入れたので、あとは練習あるのみ!さらに波乗りに精進して、カッコいいサーファーを目指します!

IMG_6062

サーフィン部のみんなで波乗り

後日、サーフィン部のみんなで波乗りしてきました。

この日は波が小さく、入ろうかどうか迷いそうなコンディションでしたが、新しいサーフボードのおかげで、楽しむことができました。
以前のサーフボードだったら、テイクオフできないような波でも、板がどんどんと滑りだすので、何本もテイクオフできたんです!
小波から、サイズのある波まで対応できる、ミッドレングスボードの魅力を感じました。

IMG_6059

こうやって新しいボードのことや、乗り心地について話し、一緒に波乗りできる仲間がいるのは、とてもありがたいことです。

改めまして、このように楽しく波乗りができるのは、周りの支えてくれる方々あってこそと感じています。いつもありがとうございます!

そしてさらに、一緒にサーフィンを楽しむ人が増えてくれれば嬉しいです。

ということで、サーフボードのオーダーから完成、実際に波乗りするまでの過程をご紹介させていただきました。

ご紹介したショップ、サーフィン、アラタナに興味のある方がいらっしゃいましたら、是非お声掛けください!

これからもよろしくお願いします!!

この記事を書いた人

部ログ

イベント・セミナー情報