ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

PHPカンファレンス福岡2016の参加レポート!

皆さんこんにちは、開発の甲斐です。
去る5月21日(土)に福岡県博多区・福岡ファッションビルにてPHPカンファレンス福岡2016が開催されました。
当記事ではPHPカンファレンス福岡2016の様子を紹介いたします。

アイキャッチ画像元:「PHPカンファレンス福岡大会2016」

目次

  1. PHPカンファレンスの様子
  2. 講演の様子
    1. 制約と上手く付き合う
    2. PHPから離れて感じるPHPの良さ
  3. さいごに

1. PHPカンファレンスの様子

朝8時半まで宮崎県に居ました。
宮崎ブーケンビリア空港を離陸し、福岡空港へ着陸。
開会式にギリギリ間に合いましたが汗だくで開会式どころではなかったです。

会場はとても広く、PHPカンファレンス福岡が盛大に開催されることを物語っていました。
会場は3つのホールに分かれていて、1つはスポンサーブース、2つは発表用ホールになっていました。

2016-05-21 17.51.40

会場を見渡しますとPHP界隈では有名なエンジニアさんも居たりしました。
そういったエンジニアさんに話を聞くと、関西や関東などから遥々やってきたとのこと。
PHPカンファレンスの影響力を感じましたし、こういったエンジニアさんは勉強熱心だったり祭りごとが好きだったりするのかなと感じました。

(私も遥々宮崎から来ていますけどね。)

2. 講演の様子

スピーカーやスポンサー企業の参加者は優先席が設けられております。
私はスポンサー企業としての参加のため優先席で講演を聞くことができました。
興味があった講演を紹介いたします。

2-1. 制約と上手く付き合う

サーバインフラエンジニア・PHPエンジニアの新原雅司氏は、制約と上手く付き合う方法についての講演を行ないました。
ECサイトのショッピングカート機能を例に、アクセス修飾子、不変オブジェクト、インターフェースなどの制約について話されていました。
制約がない開発環境ではどうなるのかなどの実例がとてもわかり易く入ってきました。

【学んだこと】
– 制約を使うことで秩序ある開発を行うことができる
– 制約とは自由を奪うも面倒なものではなくコードの秩序を守るもの

新原雅司氏の発表スライド
http://blog.shin1x1.com/entry/improving-the-code-with-constraints

2-2. PHPから離れて感じるPHPの良さ

WEBアプリケーションエンジニアの高橋慎一氏は、歴8年のPHP言語を捨てて改めて感じるPHP言語の良い所について講演を行ないました。
講演はPHPの良さを昔の恋人を思い出すかのように紹介をしていて笑いが絶えない講演となりました。

【PHPの良い所】
– Composerがものすごく便利。
– 優秀なライブラリが多くて助かる。
– 配列操作がとても楽で捗る。
– 変数の先頭が $ で宣言するのはわかりやすい。
– DB接続・操作が楽な言語である。
– エンジニアが多く、PHPカンファレンスは今年全国4箇所で開かれるぐらい!
– ネット上の情報量が他の言語と比べても多く、知りたい情報がすぐ見つかる。

高橋慎一氏の発表スライド
https://cloudpack.jp/event/php-conference-fukuoka-2016.html

3. さいごに

PHPカンファレンス福岡2016の運営者・登壇者・参加者の皆さん、お疲れ様でした。
PHPerの皆さんはみんな熱意が有り、本当に勉強がしたい!祭りを楽しみたい!をとても感じました。
私自信はPHPカンファレンス初参加だったのですが、とても満足なカンファレンスとなりました。
情報量も多くなかなかついていけなかった場面も有りましたが、しっかり吸収をして、楽しくPHP言語の開発をやってみようと思います。
次回も機会がありましたら是非参加してみようと思います!

※PHPerの正しい読み方は『ぺちぱー』です。

この記事を書いた人

アラタナニュース