ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

社会人生活10年を迎えた女子社員が語る「アラタナを選んだ理由」

社会人生活が10年を超えた黒木るいといいます。アラタナでプログラマーとして勤務して2年になります。

アラタナに入社するまでは、パッケージシステムや県内企業の業務支援システム構築を中心に、プログラマーやシステムエンジニアとして、あるいはリーダーとして関わってきました。

今回は、そんな私が結婚して出産して、働き方を見つめ直してアラタナを選ぶに至るまでを語ってみようと思います。これから転職をしたいと考えてらっしゃる方や、新卒で入社する会社や仕事の仕方に迷っている方、アラタナを受けたいと思われている方の参考になればと思います。

そもそも「仕事」ってなんだ?労働期間について考えてみる

0213
仮に大学卒業後の22歳から定年にあたる60歳まで仕事をすると考えた場合、労働期間は約38年あります。現代の60歳はとても健康なので、これからは65歳、70歳まで現役で仕事をするのが当たり前という世の中になっているかもしれません。仮に65歳まで仕事をするとなると、労働期間は約43年に延びます。現在、女性の平均寿命は86歳といわれているので、極端に言えば「仕事している時間が人生の半分を占める」ということになります。

また、一般的な日本企業における労働時間は1日8時間程度ですが、1日のうち少なくとも3分の1の時間は仕事をしているということになります。つまり、まずはこれだけ「拘束時間の長いもの」だということを認識しておく必要があるということです。

それだけ拘束時間が長いわけですから、せっかく仕事をするなら自分の能力を発揮できる場所がいいな、お給料のいいところがいいな、環境が整っているところがいいな、楽しいほうがいいな、と考えて当然です。
転職についても同様、前の会社よりはお給料が上がればいいなとか、チャレンジがしたいなとか、色々考えを巡らせます。

「仕事に求めるもの」をピックアップしてみる

058
人生の大半を占める仕事。その仕事に求めるものって何でしょうか?
やりがい、安定、給料…。色々ありますね。

新卒当時の私は「やりがい」なんて二の次だと思っていました。ひとまず「自分にできることを仕事にできればいいな」と漠然と考えていたんですが、何年も仕事を続けていると、次第に価値観が変わっていきます。なぜならプライベートでもさまざまなライフイベントを経験するからです。

私の場合は、今の主人との結婚、妊娠、出産、子育て…。社会人としてだけではなく、家庭人としての顔も徐々に出来上がっていったわけですが、ライフワークバランスを考えたときに、自分にとって「仕事しやすい環境がいいな」と、自然と思うようになっていきました。

「仕事しやすい環境」を求めてアラタナの面接に臨んだ

私にとって「仕事しやすい環境」というのは、いわゆる「働くママにも優しい環境」のことで、時短勤務ができたり、突然の子どもの体調不良でもダッシュで駆け付けられたり…という、「子育てに理解のある環境」という定義になります。

これは、残念ながら一般的な日本企業ではまだまだ浸透していない、なかなか受け入れてもらえない風潮だと認識しています。だからと言って嘘をついたり無理をしたりするわけにもいきません。それでも受け入れてもらえる企業があるはず、と望みを持ちながら面接に臨むしかありません。
だからこそ私は、アラタナの面接のときに以下のことを伝えました。

1.未就学児の子どもがいること。子どもが体調不良の際には仕事を休むこと。
2.基本的に残業できないこと。保育園のお迎えがあるので絶対に譲れないこと。
3.休日出勤ができないこと。子どもとの時間を大切にしたいこと。
4.2人目以降の妊娠を希望していること。
5.入社2年後には、子どもの小学校入学に合わせて時短勤務もしくはシフト勤務を希望すること。

我ながら強気な発言だったなぁと思います。一般的な企業でこんなことを正直に話すとマイナスに取られてしまいがちなのですが、アラタナは違いました。面接してくださったアラタナのスタッフさんがこうおっしゃったんです。

「アラタナでは、やろうと思えば在宅勤務もできるし、既に実績もあるからいつでも相談してください。」

正直、ビックリしてしまいました。
と、同時に「アラタナってなんて個人への理解がある会社なんだろう」と思いました。アラタナで働くメンバーそれぞれの「働きやすさ」を一緒に考えてくれるような温かみを感じました。

自分の中での「仕事を選ぶ基準」とマッチしていた

049
メンバーそれぞれの働きやすさ、仕事のしやすさを尊重してくれる社風があるということは、それだけメンバーを大切にしているということのあらわれだと思います。
どんな仕事をするかは勿論とても重要なことですし、無論、私も全力で業務に励む気持ちであることには間違いありません。給料や安定など基準となる要素はたくさんありますし、人それぞれの価値観によっても企業の選び方は変わってくると思います。

ただ、私の場合は前記の通り「仕事しやすい環境」、ひいては「誰と働くか」ということに重きを置いて今回の転職活動をしました。そしてアラタナはその基準にぴったりマッチしていたのです。子どものことで職場に迷惑をかけてしまうような場面で、アラタナは「大丈夫だよ」とフォローしてくださる方たちばかりだったんです。安心して仕事に臨める、子育てに臨める、家族と向き合えるということが、こんなにも心の安定に繋がるんだとは、アラタナに入ってみるまで想像もしていませんでした。

また、それだけメンバーに対して優しくできる方たちだからこそ、仕事においてもとても尊敬していますし、この方たちと一緒に働きたい、アラタナの期待に応えたい、認められたい!という、自分自身のやる気にも繋がっているような気がするのです。

結局は、このように思えることがその企業と「長くお付き合いできる」秘訣のようにも感じますし、これだけ自分の考えとマッチしている企業というのもなかなか無いなと感じています。アラタナは、経営理念として「1000人の雇用」を目指している企業でもあります。だからこそ、アラタナのメンバー個人個人の働き方を尊重してくれているのかもしれません。

私はこのアラタナで、これからも楽しくお仕事していきたいと思っています。

アラタナでは一緒に働いてくれる仲間を募集しています!

アラタナは宮崎中心部にオフィスを構え、宮崎に1000人の雇用を目指しているウェブ制作会社です。プログラマーやWebデザイナー、ディレクター、営業、サポートと、色んな職種を積極採用中!
もしご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、今すぐエントリーください!

新卒採用の方はこちら
中途採用の方はこちら

この記事を書いた人

キャリア