ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

アラタナ山部 6月活動報告 in高千穂峰

みなさんこんにちは、アラタナ山部です。
アラタナ山部も、新たなメンバーを迎えてはや2回目の登山です。

今回、2016年6月18日に登ってきた山はこちら。
「霧島連峰の第二峰、天孫降臨の地『高千穂峰(たはちほのみね)』」
でございます。

ちなみのこの山、足腰が鍛えられるなかなかの山です。
苦労して登った分、景色はとっても素晴らしい山ですよ。

高千穂峰って?

アラタナ山部の高千穂峰
高千穂峰は、宮崎県と鹿児島県の県境に位置する山。
標高1,574mと、前回の韓国岳よりは少々低めの山になります。
が、低い=その分楽なんていう事はありません。
傾斜が続く山なので、健脚っぷりが試される山でございます。

移動時間は、宮崎駅から車で約2時間弱。
途中で高速道路(宮崎自動車道)を利用して、高原ICで降りれば、2時間程度で到着です。
韓国岳と同じ感覚ですね。
幾つかの登山ルートがありますが、今回は皇子原公園(おうじばるこうえん)から奥に入り込んでいくルートで登りました。
こちらは韓国岳の時とは違い、観光客向けに施設が整った登山口では無いため、ちょっとだけ道に迷うかも・・・。

天孫降臨の山、そして坂本龍馬の山

アラタナ山部の高千穂峰登山、これが天の逆鉾
天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、降臨(天孫降臨)した山であるとされるのが、この高千穂峰です。
山頂には日本三奇の一つとされる「天の逆鉾(あまのさかほこ)」が雄々しく鎮座しています。
ただ、この天の逆鉾・・・いつ、どの時代からそこにあるのか、はっきりしないんだとか。

そしてもう一つ。
高千穂峰はあの坂本龍馬が、新婚旅行の際に妻のお龍と登った山とされています。
「天の逆鉾を抜いたぜよ」という風な一節が、お姉さんである乙女宛の手紙に残されてるらしいですね。

ちょっとだけハードな山ですが、そんな歴史ロマンに触れられるのが、高千穂峰の魅力の一つです。

宮崎自動車道で高千穂峰へ

前回の韓国岳同様、今回も高速道路を使って向かいます。
2時間程度で現地に着いてしまう計算です。いやはや便利ですね。

途中で休憩に寄った霧島サービスエリアから、今回のターゲットである高千穂峰が見えます。
アラタナ山部の高千穂峰登山、遠くに見える高千穂峰
山頂が雲に覆われてますね。どんな景色が広がってるのでしょう。

いざ登山開始!

宮崎駅を9時頃に出発し、高千穂峰の登山口に着いたのは11:00頃。
アラタナ山部の高千穂峰登山、ここから過酷な登山がはじまるよ
さて、ここで部長から「全部坂道だと思いましょう」と忠告。
足腰のパワーが試される登山が始まります。ふふふ・・・。

それにしてもいい天気ですね。
・・・と言ったそばから、森のなかへ突入。
急に暗いです。
アラタナ山部の高千穂峰、急に暗いぞ

傾斜が続く山なので、今回は足休め多めでゆっくり登ります。
アラタナ山部の高千穂峰、ゆっくりいきましょう

2合目。森の中。
韓国岳と違って、なかなか景色が変わりませんね。
早くも疲労の色が漂います。というかちょっと笑っちゃってる。
アラタナ山部の高千穂峰、韓国岳とは違うぞ

登山開始から40分くらいすると、少しだけ景色が広がってきました。
木々が低くなり、空が開けてきます。

さらに登山開始から1時間少々。相変わらず坂道が続きます。
坂道の中腹で段差を見つけて休憩。
アラタナ山部の高千穂峰、休憩中

さらに30〜40分ほど登ると・・・ふいに景色が開けてきました!
山の尾根にうっすらと登山道が見えます。
アラタナ山部の高千穂峰、いきなり開けてきた!

ここから先は、序盤の鬱蒼とした景色から180度変わって、大自然のど真ん中を歩くような大スケール登山に切り替わります。
坂道自体はずーーーーっと続いてますが、なんかもうみんな、そんな事はどうでも良くなったみたいですね。
山部の高千穂峰登山、イエーイ

足場はある程度整備されてます。
登山客のために、いつの時代かの人が、地道に整えてくれた道です。
この雰囲気が、いいですね。

尾根をてくてく歩きます。
アラタナ山部の高千穂峰、尾根をてくてく

大自然のど真ん中。
アラタナ山部の高千穂峰、雲が近い

雲との距離が近いです。同じ目線の先に雲が浮いています。
そういえば霧島サービスエリアで見た時も、山頂は雲の中でしたね。
もうすぐゴールかな。

山頂へ向かう。

ここは霊峰、鳥居が見えます。
お参りをするような気持ちで、山頂へ臨みます。
アラタナ山部の高千穂峰、鳥居が見えてきた

山頂付近の大岩。
山頂近辺は非常に足場が悪く、小さな石ころと砂で登山靴が滑ります。
いわゆる“ザレ場”です。
アラタナ山部の高千穂峰、足場悪し

足元に気をつけながら、大岩をつたうように、山頂へ。

山頂到着!

懸命にザレ場を登り、ようやく山頂です。
アラタナ山部の高千穂峰、山頂!

中央に鎮座するのは・・・そう、これが「天の逆鉾」。
鬼、もしくは天狗のような・・・なんとも言えない表情が印象的でした。
坂本龍馬、これ抜いたんですよね。ホントかな(汗

山頂は時折、雲の中へと飲まれていきます。
あたりは真っ白です。
アラタナ山部の高千穂峰、山頂は雲の中

ふいに雲が開けました。
切れ間から青空が。
アラタナ山部の高千穂峰、雲と同じ目線で

とんでもない所に来ましたね。
アラタナ山部の高千穂峰、眼下に街

高千穂峰山頂には、視界を遮るものがありません。
天の逆鉾を中心に、360パノラマが広がります。

さて、登山記念に撮影。
今回も無事、登頂成功です。
アラタナ山部の高千穂峰、集合写真

下山・・・するぞ!

山頂でご飯を食べて14:20頃。
登山口からの時間で数えると、おおよそ3時間20分。
がむしゃらに登って来た道を、今度はかむしゃらに下ります。登山の宿命ですね(汗

足場の悪い所を慎重に下ります。
若さ&全力で下るメンバー。
明日は筋肉痛で大変な事になるでしょう。どんまい。
アラタナ山部の高千穂峰、全力で降りるぞ

高千穂峰山頂にお別れ。
鳥居をくぐり、尾根を歩きます。
アラタナ山部の高千穂峰、山頂にお別れ

これはヤマアジサイでしょうか。
丁度見頃時なのかもしれません。
登山道を伝うように、あちこちで群生しているのが見えます。
アラタナ山部の高千穂峰、ヤマアジサイ

そんなこんなで下山したのは16:00頃。
ぐんぐん登って、ぐんぐん下っての5時間。
みなさんお疲れ様でした。

温泉で癒されましょう。

さて、山部恒例の温泉タイムです。
今日はさすがにみんな、足腰ぐったりで疲労困ぱい。
極楽温泉 匠の宿」で癒やされます。
アラタナ山部の高千穂峰、帰りに極楽温泉 匠の宿へ

匠の宿、温泉も良かったし、宿としてもいい感じでした。
これ時間忘れてしまうなぁ。

そんなこんなで18時頃に解散。
お疲れ様でした。また登りましょー。

高千穂峰DATA

  • 宮崎県・鹿児島県(GoogleMapで見る
  • 山系:霧島山 (霧島火山群)
  • 標高:1,573.36m
  • みどころ:ヤマアジサイ(6月)、山頂は雲の中、360度パノラマ、天の逆鉾
  • 登山ルート(ご参考までに):皇子原公園奥 天孫降臨登山口から皇子原分岐まで1時間40分、皇子原分岐から山頂まで1時間、山頂で30分程度休憩、山頂から天孫降臨登山口まで2時間(計5時間程度)

この記事を書いた人

部ログ