ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

アラタナ写真部6月活動報告 : 撮った写真の仕上がりは…?

6月と言えば梅雨なのに、今年はけっこう空梅雨でしたね。6/21現在、ようやく雨が降り始めたという感じで遅いなーと。さて、そんなジメジメした梅雨でも写真部はちゃんと活動しますよ。今回は前回の撮影済みフィルムを現像に出して振り返りをしました!

今回フィルムの現像を頼んだお店

と、写真に入るその前に現像に出したお店の紹介です。

今回フィルムの現像を頼んだのは、山口県にある山本写真機店(通称ヤマカメ)。「山口?なんでそんな遠いところに??」と思う人もいるかも知れませんが、今回使ったフィルムが120フィルムという普通の35mmよりも大きいもので、近くに現像してくれるところがないんです。

カメラのキタムラも県外のラボに外注してるので、結局自分で直接頼んだ方が早いし、ヤマカメさんはフィルムのスキャンニングもしてくれるので。フィルム写真始めるという人にはオススメです。

山本写真機店

どんな写真に仕上がったのか?

さて肝心の写真ですが、こんな感じに仕上がりました。(全部載せると多いので一部を掲載)

一つ一つ見ていくと、ピントが合ってなかったり、水平が出ていなかったり、多少のミスはあったみたいですが、初めての中判フィルムカメラにワクワクしながら撮ったということが伝わってきます。楽しんでもらえてよかったなーと。

感想

参加してくれたメンバーからは、「きれい!」「めっちゃ良い感じ!」、「これ撮ったの僕だっけ?」など、さまざまな声が聞こえました。

デジタルと違って現像に出す手間とコストはありますが、振り返ってみると色んな意見が出てきて面白いですね。ワンクッション時間をおくことで、自分の写真を客観視できるというクールダウンができるのもフィルムならではの特徴だと思います。

今回の写真はレタッチ(補正)を全くしていない状態だったのですが、そこらへんもできるようになるとまた全く違った印象の写真になるので面白いですよ。

次回の写真部は撮影ツアー??

今後も引き続きガンガン活動していこうと思いますが、ランチしながら何をしたいか話し合ったところ、次は撮影ツアーに行くことになりました。

場所は県外?何をするのか?・・・次回もお楽しみに~!^^

この記事を書いた人

部ログ

イベント・セミナー情報