ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

冷凍梅で時間短縮!梅酒・梅シロップづくり アラタナぐるめ部

この時期がまさに旬の梅。

ぐるめ部員のおばあちゃん宅にも梅がいっぱい実ったということで、おすそ分けをたくさんいただきました!
そこで、今回はぐるめ部の活動で、梅酒と梅シロップを作ってみました。

まずは梅の下処理から

青梅
梅は、収穫後そのまま置いておくとだんだん熟していってしまうらしく、できるだけ早く加工したほうが良いのだとか。
とにかく大量の梅だったため、冷凍保存することに。

ふきあげ
水で梅をきれいに洗い、爪楊枝でヘタを取ります。水分を拭き取り、袋に入れて冷凍庫で保存。

本当は密封できる袋がベスト!ぐるめ部員は大雑把、いや、おおらかな人が多いため、普通の袋に入れて保存しました(笑)

少し熟しているものもあり、フルーティーな梅の香りに心躍らせながら下準備は完了!

梅酒・梅シロップを作ってみよう!

材料

梅を冷凍保存してから約2週間ほど経ち、さっそく作業開始!

梅シロップづくり

梅シロップ
使用する瓶のサイズはそれぞれ違うため、分量もバラつきがありますが、梅シロップの場合は梅と氷砂糖は同量で。梅は解凍せず、凍ったままのものを入れます。

お酢
せっかくの梅にカビが生えないように、お酢を少し加えるといいそうです。

これで梅のエキスが出るのを待つのみ。

本当にこれだけでいいの?ってくらい簡単です。

梅酒づくり

梅酒
梅酒の場合は、梅よりも氷砂糖をちょっぴり少なめに。梅1㎏に対して氷砂糖が800gぐらい、ホワイトリカーが1.8リットルぐらいが目安と聞いていたので、そのぐらいで作りました(なんとも大雑把…)

こちらも凍ったままの梅を使います。

梅と氷砂糖を交互に入れ、最後にホワイトリカーを注いだら終了!

梅酒は飲めるようになるまでに3か月ほどかかるとのこと。時間が経つほど深みが出てくるらしいので、それまでに飲み干さないように注意しましょうね〜

冷凍した梅を使うことで、普通に青梅で作るよりも少しだけ早くできあがるのだとか。

いざ、試飲!

梅シロップは2週間ほどでいい感じに完成。炭酸水で割って飲んでみることにしました♪

試飲

炭酸水
濃いほうがいい人はシロップ多め、さっぱり飲みたい人はシロップ少なめに。

メンバー試飲
梅シロップを少なめにして飲んでも、しっかりと梅のフルーティーな香りと酸味を感じられました。

もう少し時間が経つともっと梅のエキスが出て、より濃厚な梅シロップが楽しめそうです!

残念ながら、梅酒はまだできあがりまで時間がかかるので味見できていませんが、次のぐるめ部の活動の頃にはいい感じにできあがっていると思います(^ ^)

旬を味わうってステキ

宮崎には魚や野菜、果物など、旬のものがいっぱい。

今が旬の梅を使い、作る楽しさと待つワクワク感、味わう喜びを感じられる、ぐるめ部ならではの活動となりました。

メンバー集合
梅酒、梅シロップは材料さえあればとても簡単に作れるので、みなさんもぜひお試しくださいね☆

この記事を書いた人

部ログ

イベント・セミナー情報