ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

アラタナ山部2018年4月報告 in 斟鉢山(くんぱちやま)

こんにちは、アラタナ山部のジョウ大柳です。
宮崎はもう夏です。ちょっと歩くだけで汗ばみます。(自分だけ?)

今回、アラタナ山部が向かった先は 斟鉢山(くんぱちやま)。
前回の「行縢山(むかばきやま)」といい、今回も読みづらい山にチャレンジ!

この斟鉢山、メンバーの誰も行ったことのない未開の山で、事前調べでは標高約500mと「これまでの山に比べれば低めだから楽勝だな!」と高を括っていましたが、はてさて…。

いざ斟鉢山へ

斟鉢山は宮崎市街地から近く、中心地からは車で20分くらいの距離にあります。
幹線道路から外れ、住宅地を抜けていくとだんだん道が細くなっていき、しまいには舗装されていない山道に…。
「登山口に鳥居がある」という情報を頼りに不安を抱えつつ進んでいくと、雰囲気を持った鳥居が目の前に。

各自、準備運動を終えいざ出発!

今回は新メンバーの「なおきくん」こと2018年度新卒の三好直紀さんが参加。
なおきくんは防衛大出身ということで「匍匐(ほふく)で登れる?」と聞いてみたら、匍匐には5種類あるという豆知識をいただきました。うーんトリビアーン。

道無き道を進む

登山道から少し進むと、かつては舗装されていたであろう事を思わせるコンクリートの足場が。
途切れているため、脇の岩場を通り登っていきます。
大きめの岩を登ったり降りたり、アスレチック感満載です。

坂、坂、坂、そして坂

登山道は、山頂までのそのほとんどが坂。
登りごたえがある山で、標高500mだからと甘くみていたのを早々に反省…。

はい、ひょっこら坂。
どのあたりが「ひょっこら」なのか、問いただしたいレベルの坂が続きます。

山頂付近で山ごはん

ヒーコラ言いながらも山頂付近の斟鉢神社に到着!
ここで恒例となりつつある山ごはん。

各自、好きなものを持ち寄り炒め、貪ります。

山では地上の3倍美味しく感じる不思議。

山頂より海岸線を臨む

山頂からは海岸線や木の花ドームが見え、この日のように晴れた日は、遠くまで気持ちいい景色が見晴らせます。

思ったよりハードだった登山となりましたが、斟鉢山、楽しかったです!
皆さんも筋トレがてら(?)にぜひ!

斟鉢山DATA

  • 場所:宮崎県宮崎市大字加江田(GoogleMapで見る
  • 山系:徳蘇山地
  • 標高:471m

この記事を書いた人

部ログ