ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

売れるネットショップをつくりたい!失敗しないためにやるべき基本!【スマイル平田がゆく!】

ネットショップを開業する上で、失敗したくない、売れるネットショップを作りたいと思うのは当たり前ですよね。
でも「何からすればいいかわからない」「誰か基本的なことをまずは教えて!」という方がほとんどだと思います。
そこで今回は「ネットショップで失敗しないために押さえるべき基本」をお伝えしていきたいと思います!

ネットショップでよくある失敗例

「ネットショップをOPENしたからといって、ほっと一息ついて安心してはいけません。」
当たり前ですが、何もしないとなかなか売上に繋がりません。
実店舗でイメージしてみてください。

いま、商店街の片隅にぽつんとお店を開店した状態です。
これだけでは売れるお店とは言いがたいですね。

看板や新聞のチラシ、広告で宣伝して初めてお客さんがお店を知ってくれて、お店に入った時、お店の雰囲気や置いている商品を見て判断して、自分に必要だ、欲しい とメリットを感じた商品を購入して行くと思います。

とは言え、じゃあ売れるネットショップにするためには何をすればいいのか?
よくある失敗例としては手当たり次第広告を打ってみたり、深く考えずにSEO対策をしてみたり、
バナーを作ってみたり・・・と気が付けば一貫性のない戦略で無駄にお金と時間が浪費していきます。

これがよくある失敗するパターンです。

売れるネットショップをつくるためにまずは、ネットショップの基本的な考え方を理解して、仮説を立てて検証してのPDCAサイクルを回していくことが大事です。

失敗しないためにも、まずは基本をしっかり押さえていきましょう。

ネットショップで失敗しないための基本的な考え方

売れるネットショップの基本的な考え方は実店舗と全く同じです。

お客さまをネットショップに呼び寄せるための「集客(新規顧客獲得)
ネットショップに訪問したお客さまを逃がさないための「接客(おもてなし)
またネットショップに来てもらうための「追客(リピート促進)

 

の3つの施策を一貫性を持って繰り返し行なっていくことが失敗しないため、売れるネットショップにするための基本的なポイントになります。

今回は「集客(新規顧客獲得)」「接客(おもてなし)」「追客(リピート促進)」3つのポイントを軸に、お話を進めていきたいと思います!

ネットショップで失敗しないための基本

と、その前に!
誰に何をいくらで売るのか?

まずは、このことを考えてみてください。
この基本的な部分を、意外と忘れてしまっているネットショップさまも多いのではないでしょうか?

「誰に何をいくらで売れるのか?」施策は自サイトのターゲットにあっているか?を常に考えることで、
よりお客様に選ばれるサイトになることができます。

ではでは上記をふまえつつ、失敗しないための3つの基本を押さえていきましょう!

 

売れるネットショップ基本その①:集客編(新規獲得)

お客様をサイトに集めるための集客方法には、

  • バナー広告やメルマガ広告などの「純広告」
  • 無料露出や懸賞広告などの「懸賞」
  • クチコミやマスコミ、アフィリエイトなどの「紹介販促」
  • リスティング広告やSEOなどの「検索」

があります。

サイトの形態によって、効果的な集客方法は異なってきますが、
その中でも、よく耳にするのが「SEO対策」というものではないでしょうか?

お客様がインターネットで買い物をするときは、
GoogleやYahooの検索エンジンで欲しいものや気になるものを検索します。

そのため、検索結果の1~2ページ目に表示されていないと
なかなかサイトを見てもらうことも難しいですが、
逆にそのキーワードでサイトに入ってもらうことで、購入意欲の高いお客様をGETできるという利点もあるわけです。

なので、”基本その①”でお伝えしたいことは、
カゴラボで入力可能なSEO対策箇所は必ず入力しておきましょう!
ということですね。

カゴラボでできるSEO対策・方法は、
以下のオンラインカリュキュラムをチェックしてみてください!

▶Vol.1 ~3 ここまでできる!カゴラボ基本のSEO講座 【連載継続中】
http://www.cagolab.jp/support_site/curriculum/category/howto/first_seo

また24hでも連載された、アラタナメンバーによる記事も必見です!
▶通販サイトSEO 【全6話】
http://24h.aratana.jp/?p=209

 

 

売れるネットショップ基本その②:接客編(おもてなし)

せっかくお客様を集めても、サイトにより長く滞在してもらい、
最終的に購入に繋げないと意味がありません。

SEO!SEO!となってしまっても、サイト内のコンテンツが充実していなければ、
お客様は他の店舗に足を運んでしまいます…。

実店舗にお客様がいらっしゃった場合は、
丁寧に商品の説明をしたり、どういったシーンで活躍するかをお話したり、
お客様に親近感をもってもらい、購入までつなげていくと思います。

ネットショップも同じことなので、”基本その②”では
来たお客様を逃がさないためのポイント」を3つに絞ってお伝えします。

 

TOPページ

■TOPページはお店の”顔”です。何を売っているサイトか?がひと目でわかる
→検索結果から入ってきた場合、そのキーワードにマッチしていないページだとお客様はすぐ帰ってしまいます。

■全体的に統一されている
→かなりポップなデザインもあり、シックなデザインのバナーもあり・・・ だとサイトの雰囲気がごちゃついてしまいます。

■新着情報がきちんと更新されている
→サイトに訪れた時に新着情報が2.3ヶ月前・・・、お客様は不安になります。

■バナーを配置し賑わい感が演出できている
→商品が配置されているだけでは少しさみしい印象をもってしまいます。

■一押しコンテンツやシーズンにあったコンテンツの特集ページがある
→「冬のあったかニット特集」、「バレンタインにチョコだけは古い?一緒に渡したい小物特集」 など、作り方はたくさん!

 

商品詳細ページ

■パッと目を引くような商品のキャッチコピーがある
→「これで1枚で冬の寒さ対策もバッチリ!」など、キャッチーな言葉で注意を引きます。POPを書くようなイメージですね!

■その商品を購入するメリットが伝わる

■お客様自身がその商品を手にした時のイメージがしやすい
→極端ですが、主婦層に売りたい食器をお年寄りの方が使っていてもなかなかイメージが湧きにくですよね。

■買い回りを誘うため、「関連商品」が登録されている

■商品写真でその商品の魅力が伝わる
→1カットしかない、洋服の場合着画像がない、だと購入まで踏みきれません。

「写真がうまくとれない・・・」そんな方、
▶売れる!商品写真の撮り方はコチラから。
http://www.cagolab.jp/support_site/onestep/step1/27.html

 

 

その他

■単純に「買いやすい」か。カートに入るまでに無駄な動きはないか?

■お買い物ガイドやよくあるご質問のページはあるか?

■特定商取引法などだけではわかりづらい場合もあります。「はじめての方へ」などのページを作って、
お客様の不安を解消し、安心してお買い物をしていただきましょう。

■配送日は指定できるか?
→ネットで購入したお客様は基本的にすぐ手元に欲しい!と思っています。

 

売れるネットショップ基本その③:追客編(リピート促進)

1回購入して、ハイ終わり。だと、ちょっともったいないですよね。

せっかくサイトに興味を持ってもらって、購入までいたったお客様に、
2回目・3回目と購入していただき、リピートのお客様を増やしていきましょう!

■購入後、お客様は商品が届くまで不安です。メールでこま目に連絡をし、安心感をあたえましょう
■購入した商品にチラシを同封し、購入したことに感謝を示しましょう
■メルマガを配信し、お店の存在を思い出してもらいましょう
■雑誌のように、読み物として配信し、興味を持ってもらいましょう

▶メルマガの効果的な送り方はコチラ。
http://www.cagolab.jp/support_site/onestep/step1/10.html

 

また、ブログやTwitter・FacebookなどのSNSを活用して、
お店の裏話などを配信してファンになってもらうのもよいですね!

 

 

まとめ

どうでしょう?

ネットショップで失敗しないためには、当たり前ですが基本が大切です

「集客(新規顧客獲得)」「接客(おもてなし)」「追客(リピート促進)」を一貫して行いましょう。

そして、1番最初にお伝えした「誰に何をいくらで売るのか?」をもう一度思い出してみてください。
そうすると自然とページの作り方やメルマガの配信の仕方も思い浮かぶのではないでしょうか?
今回の内容はネットショップで失敗しないための基本的なところをさらっとお話した感じになりますので、
「売上を上げる方法」や「その他ノウハウ」などをもっと知りたい!気になる!という方は、
ぜひサポートサイトをご覧ください。

【カゴラボサポートサイト】
http://www.cagolab.jp/support_site/

サポートセンターの方にもお気軽にお電話くださいね。(^v^)/

 

さて、「ネットショップで失敗しないために押さえるべき基本」は以上で終わりです。

 

次回は、「カゴラボの店舗さまからよく寄せられる質問Q&A」をお送りします!

お楽しみに~!

この記事を書いた人

ECのノウハウを知る