ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

ECなひとたちvol.2「好きすぎると見えなくなるものもあるじゃないですか」SILVER BULLET 高木様

モバイルだけで月1億円達成したSILVER BULLETのサイト

どんなお仕事をされているんですか?

10年ほどメンズの洋服の中でもいわゆるギャル男と呼ばれる男の子の洋服をWEB販売している会社の社長をしています。

失礼ですが、やはりお店の洋服がお好きなんですか?

僕ギャル男じゃないですよw 。
ただの、おっさんです。 お店の服着たらギャルおっさんになっちゃうし。

実際洋服はすごい買いますけど、そんな大好きってわけではないですしね。
お店はSILVER BULLETっいうんですが、一番最初に楽天に出店した時は、2年ぐらい子供服を売ってましたしね。メンズに切り替えたのは2005年ぐらいなんです。

子供服からギャル男というかなりすごい切り替えをされましたけど、その時決断するのにすごく悩まれませんでしたか?

いや。実はそんなでもないんです。
というのも、僕自身先程も言いましたけど、すごく洋服が好きってわけでもないんですよ。

なので客観的にみれるというか、子供服やってたときは全然売れてなくて、当時ギャル男のブームが来そうだった時にただそれに乗ったという感じです。

なんていうか、好きすぎると見えなくなるものもあるじゃないですか。
なので自分自身アパレルで働いてますけど、好きな洋服を売るというよりは、売るものが洋服って感覚なんです。

モバイルだけで月1億円達成した事がすごく有名ですが当時大変だったことってどんなことです?

伝票書きすぎて手がプルプルしたことです。

人って270枚配送伝票書いたら、もう書けないですよ。
当時はe-飛伝みたいなものってなかったんで、大変でしたね。w

高木さんが今のお仕事で売り上げを上げてこられた秘訣ってなんですか?

リミッターを外すことですね!

ようは1億円売るためには数千万の仕入れを起こさないといけない。でもそれをやるために気持ちにブレーキかけたら進まないんで、どんな時でもリミッターを切ることかなって思ってます。

リミッターってなかなか切れないですけど、何かリミッターを切るコツ?ってありますか?

ペースメーカーつけて走るのってすごく大事だなって思います。

自分の目標を超えて何かを伝えてくる人、と一緒に走る日々ってことなんですけど、
最初3000万位売れてた時はもうこれでいいかなって思ってたんですよ、でも1億行きましょうって言われて、すごく今でも大変なのに、その時は殴ってやろうかなっておもってたんですけどね、そこから毎日ECCの人と話して、毎晩飯くって、あぁじゃないこーじゃないとか。

そのときにでてきたアイディアが4時間タイムセールだったんですよ。

あれ今ではたくさん売りたいってときのただのセールになってますけど、当時の僕たちのお客さんって学生だったので、放課後に暇で友達と一緒にいるときに夕方にメールがきて、4時間限定のセールだからみんなで買ってみようぜ!みたいことになったらおもしろいんじゃない?
ってとこからやってみたんですよ。

4時間タイムセールってそこからが始まりです。

そんなことを考えながら過ごした「日々」っていうのは僕の財産だし、一緒に走ってくれるペースメーカーが少し先を走ってくれるような人がいるとすごいいかもしれませんね。

お話の冒頭で、約10年今のお仕事をされているとお伺いしました。楽しいことばかりではなかったと思うのですが、ここまで続けてこられた秘訣は何ですか?

ふらふらバイトをしてた時期とか、ほんと世間の皆様にお話できるような感じではなかったんですよ、本当。

ほんとに色々な仕事をしたなかで、今の仕事が一番続いています。

もちろん今までで一番稼いでいるのはありますが、職場のみんなだったり、ECを通して知り合った人などに頼られたり、感謝されるのがすごくうれしいです。

もちろんお客さんに喜んでもらえるのは何より原動力になっていますけど、一緒に働くみんなや、家族に頼りにされるって純粋にうれしいんです。

最後に、高木さんにとって「ネットショップ」を一言で表すと??

「挑戦」です。

昔も今もそうですが、急激に広がるECの世界の中で、常に自分なりの挑戦をしてきました。まだまだ拡大していくEC市場の中で、これからも僕は挑戦を続けていくと思います。

株式会社ピービーアイ 高木 孝(タカギ コウ)

渋谷お兄系ブランドを取り扱う、Silverbulleteを運営する株式会社ピービーアイ代表

http://www.rakuten.ne.jp/gold/silver-bullet/pb/

この記事を書いた人

EC業界の今

イベント・セミナー情報