ECコンサル アラタナはeコマースを中心とした「新たな○○を創造する」会社です!

巷で噂のスマートフォンを使って個人でプチネットショップができるツールMicroStoreを、押し入れの肥やしが気になる新人デザイナーが使ってみた!

お久しぶりです!新人デザイナー保久上です。
前回、「WEBデザイナー戦慄!噂のイケてるデザインツール「SketchPage」を新米デザイナーが使ってみた!」にて、「続く。」(かないかもしれない)と予言した通り、続きました!2話目(?)です!

今回、巷で噂のスマートフォンを使ってたったの○ステップで素敵なプチネットショップが(しかも個人で!)できる素敵ツールMicroStore(マイクロストア)を使ってみました。

 

というのも、先日、
いつの間にか私のiphoneにマイクロストアがインストールされてました。

いつの間にか入れられたマイクロストア

 

 

天の声が聞こえます。

天の声の人

「これを使ってみなさい。そしてレポを書くのだ。」

と。

まず手始めに、マイクロストア…?と思ったので、調べてみました。

マイクロストアサイトキャプチャ

TOPにあるムービーがユニーク可愛い!

マイクロストアのサイトはこちら:http://site.microstore.me/

 

 

なるほど。売りたいものに自分の言葉とストーリーを付けるのですね。
単に要らないからとリサイクルショップに持って行くよりも、人の温もりを感じて素敵ですね。

 

では早速、今の部屋に引っ越してきて1年目、押し入れがぱんぱんだったことに気が付いたので、そこから、捨てるに捨てられず、とっておいた宝物達を開封することにしましょう!!

押し入れの宝物たち

※ゴミではありませんがいろいろありましたのでモザイクです

 

渋いブレスレット

よし、この味がありすぎる不思議ブレスレットに決めたぞ!早速出品出品ー!

 

と、その前に、気になったことが…

 

石橋は壊れるくらい叩いてから渡る、保久上です。

お金のやりとりってどうすれば?

そう。「マイクロストアで取引が成立した時に、お金の支払いってどうするの?」という疑問です。


まだ出品すらしてないのに!
まったくだ!

 

 

叩いた石橋を結局恐る恐る渡る、保久上です。

 

 

サイトには載っていないし、アプリのレビューでも気になっている方がいましたね。

私もとても気になったので、どんな方法があるかなーと調べてみました。

 

マイクロストアが、がっつりネットショップやれるよ!というものではなく、あくまで個人間での取引き
しかもスマートフォンを使ってソーシャルやメールで出品物を広めることを考えると、

  • 会って直接お金の引き渡し

これが1番多そうですね。

 

その次はやはり、

  • 口座振込

でしょうか。

 

今はあまり聞くような聞かないような、

  • 現金書留

こちらもありかと思います!郵便局が近い方はぜひ。

 

あと一つ、方法としてあるのは、

  • ペイパル口座からペイパル口座へ送金

アカウントの所を見ると、

マイクロストアのペイパルアカウント入力画面

このように、設定する所があったので、ペイパルを利用した送金も考えられているようですね。
なるほどなるほど!これだったらスマートフォンで簡単に支払いもできちゃうってスンポウですね!

 

保久上流にはなりますが、

  • 物々交換

もありなんじゃないかと思いますよ!ロマンがありますよ!

その人も何かマイクロストアで出していたら、交換を申し出るのも面白そうですね!

 

 

とまあこんな風に、それぞに合わせて自由なやり取りが選べそうです。
個人個人ですし、モノによると手数料なども掛かってくるので、
実際に取引が決まる際にお互いにどういった支払いにするか、そのものに関する語り合いをしながら決めていくと楽しいかもしれませんね♪

閃くわたし

よし!石橋を叩きに叩いたので、早速出店です。
(納得して忘れかけていた)

 

親切丁寧なマイクロストア
出品までにやることは、なんとたったの4つだけ!

1ケタの数字とか、スマートフォンで簡単に出来るとか、魅力いっぱいですね。
面倒くさいのが苦手な人でも、楽チン楽チン♪

 

起動するとカメラが立ち上がるので、撮影してすぐに、画像の登録が出来ます。
アプリとカメラの行き来をすることなく、ラクラクです!

スマートフォン内でアプリが便利といっても、その間を行き来するのはちょっと面倒ですしね。

アルバム内からも選ぶことが出来るので、他のアプリで加工したものも、載せることが出来ます。

スマホアプリの加工力、最近凄いですからね。新人デザイナー涙目です。

 

商品に関する画像については、4枚まで登録ができます。もちろん1枚でもOKです!

スムーズに写真撮影が出来ます!

 

今回は写真があったのを忘れていたので載せていませんでしたが、
その品にまつわる思い出の写真があれば、付けても良いかもしれませんね!たとえば…

ブレスレットと出会う旅のひとこま。

これ、いいでしょう。

 

 

ステップ2!
写真のタイトルを要められますので、悩みに悩んで記入します。

下に入力の順番が出る、親切設計です

タイトルは悩みますが、ここが腕の見せどころだ!

 

 

ステップ3!

品にまつわるストーリーや思いのたけをぶつけます。
ぶつけきった結果は、ちょっと恥ずかしいので内緒です。

思うままに、書き連ねます。

ここは恥ずかしさを捨てて、ちょっと詩的に書くのもありだと思います。
うんうん、そのモノのストーリーや良さを伝えるのは、誰でもないアナタです!

 

 

 

ステップ4!
最後に決めるのは値段です!
もちろん、高額な値段までつけることも可能なのですが、プライスレス!というものもついています。

 

 

そう、大切な思い出―――…Priceless…

 

 

 

写真と文字を入れるだけで、なんだかそれっぽい!

入力して確定を押すと、確認ページへ飛びます。もう既に、出品した時の見え方と一緒です!
写真右上にある目は、見てくれた人の総計とかでしょうか?増えるのが楽しみです!
無事、出品が完了すると、盛大に祝ってくれます。なんだかとっても嬉しいです!

出店してほめられると、なんだか嬉しいです。

そして、秀逸なコメントにときめきました。
売れるといいな、これで今日から銭形○次。

 

 

出店後そのままにしておくと、誰にも見られないので、
フェイスブックやツイッターで宣伝をします。
シェアするのもスマートフォンのボタンとピピっ!と押すだけ!

ソーシャルもあるし、メールでだってシェアできちゃいます。

ここでURLもコピーできるので、
LINEや自分でやっているブログがあれば簡単にリンクを貼ることもできます!

メッセージでもお知らせできます!

友達同士などでものをやり取りするときに、大活躍な予感ですね!

 

 

値段を付けずに出品して、複数の友達に「これいらない?」とか、「これすごくオススメ!あげるから聴いてみてよ!」とかとか…
いちいち個別にメールを送ったり、コンタクトしなくても、
URLを共有するだけでイチオシの品と思い出と熱い想いを、
プライベートなコミュニティでも共有でちゃいますね☆ミ

 

 

Let’s enjoy your Microstore Life !

 

 

これで今日からいつでも素敵なお店をオープンできますね。

 

 

私も早速、埋もれたダイヤの原石を新たに探さなくては!!!

さようなら

また次の記事で!

またどこかでお会いしましょう

続く。(かないかもしれない)

この記事を書いた人

EC業界の今

イベント・セミナー情報