【アラタナ10周年記念】第12期キックオフ開催!

2018年4月7日、宮崎のシーガイアコンベンションセンターにてアラタナ第12期キックオフが開催されました。キックオフとは、前期の内容を振り返りつつ、今期の決意を新たにする毎年恒例のイベントです。

特に、11期に10周年を迎えたアラタナにとって、今回のキックオフは大事なイベント。社員総出で行われたキックオフの様子を、アラタナ広報がお伝えします!

10年の歴史を振り返ったオープニング

記念すべきキックオフの幕を切ったのは、東京メンバーによる「ひょっとこ」。

会場が笑いに包まれる中、これまでの変遷をたどるオープニングムービーが10年の歴史を伝えます。

冒頭で語られる濱渦の想い

今回のキックオフでは、全員がフロント部分に「aratana(  )」とプリントされたTシャツを着用。(  )の中には、社員それぞれの”Challenge”を書いて参加してもらいました。

社長の濱渦の胸に書かれた言葉は「aratana( 感動をつくる ) 」。

これからも新たな感動を作り続けていきたいという想いが、メンバー全員に伝えられました。

午前のワークは各々の活動をVALUEにのせて

アラタナが大事にしている3つのVALUE「なければ創る」「違いを活かす」「変化を楽しむ」。午前中のワークは、各々のこれまでの活動をVALUEにのせてメンバーに共有。


メンバーの成果に刺激をうけつつ、VALUEにのっとってできた事、できなかった事を振り返ります。

シャッフルランチで他部署と交流

昼食は、くじ引きでグループ分けされるシャッフルランチ。役員の面々もメンバーにまじって、ともに食卓を囲みました。

午後のワークはビジネス・開発サイドに分かれて議論を交わす

午後のワークは、ビジネスサイドと開発サイドに別れて、これからのアラタナがあるべき姿を徹底討論。

メンバーひとりひとりの想いと行動がこれからのアラタナを形作ります。

アラタナ第11期MVPが決定!!

前期もっとも活躍したメンバーに贈られるMVP。チームごとのLT(ライトニングトーク)予選を勝ち上がってきたメンバーとその応援者が、笑いあり涙ありの熾烈な最終決戦を展開。

栄えある第11期MVPは創業当初からアラタナを支えてきたデザイナー、岩切拓朗が獲得!新人賞受賞の猿渡、10周年賞受賞の穂満とともに表彰され、記念のトロフィーが贈呈されました。

盛り上がりは二次会へと続く

会場は移り変わって二次会へ。アラタナの新ロゴ作成者、ダイアモンドヘッズの小野さんを交え、鏡開きで新たな門出を祝します。

メンバー全員が参加できる企画で、笑いの絶えない盛り上がりは夜まで続く・・・

これからも続く、アラタナの新たな1ページ

これまでアラタナはさまざまな挑戦を続けてきました。そのどれもが「世の中にあらたな価値を」という創業当初からの理念に基づくもの。

社名の由来でもあるこの理念は、これまでもこれからも変わりません。今まで以上に新しい価値を生み出せるよう、メンバーがより一丸となった1日でした。

2018キックオフ集合写真

関連する記事