2018年 アラタナ忘年会開催!

2018年 アラタナ忘年会開催

早いもので2018年も残すところあとわずか。

アラタナにとっては激動の1年となりましたが、大きなトラブルもなく無事年の瀬を迎えることができました。

1年間の苦労をねぎらい、新たな1年にさらなる飛躍をとげるため、今年も社員総出の忘年会を開催しました。今回はその内容をレポートします!

まずは創業者、穂満の「長い」乾杯から

アラタナ創業者の1人、穂満の挨拶

2018年の忘年会は、アラタナ創業者の1人、穂満の乾杯の挨拶から。

語りつくせないことがあるだろうと、45分もの時間が確保されていましたが、話が長いと感じたら、各自が席を立って乾杯にそなえるというスタイル。

グラスを持った社員が次々と立ち上がり、3分と経たずに乾杯の声があがりました(笑)

忘年会ならではの出し物の数々

忘年会に欠かせないのが出し物。

キックオフのときは、華麗なひょっとこの舞を見せてくれた東京チームですが、忘年会ではハンドベル演奏を披露。

新しくアラタナに加わったメンバーや、今年から東京に移ったメンバーもまじえて、クリスマスにふさわしい素敵な音色を奏でてくれました。

アラタナ忘年会 おっさんずベルの画像

続いての企画は「ZOZO SUIT 着こなしファションショー」

ZOZOグループの一員として、ZOZO SUITもオシャレに着こなしたいもの。

ファッションショーでは、ZOZO SUITに独自のアレンジを加えたファッショニスタたちが颯爽とランウェイを歩きます。

会場では、メンバーが登場するたびに、大きな声援やどよめきが沸き起こっていました。

ZOZO SUIT 着こなしファションショー

出し物のとりを飾ったのは「アラタナご長寿クイズ(という名の大喜利)」

アラタナのエピソードに関するクイズを、アラタナを代表するボケ二ストたちが回答。

盛大な笑い声に包まれる中、今では考えられないようなエピソードに、目を丸くしている社員もたくさんいました。

アラタナご長寿クイズ

山本前社長の門出を祝して

今年の忘年会は、前社長であり、創業当時からアラタナを支え続けていた山本さんの大送別会も兼ねていました。

山本さんからメンバーに向けた言葉をもらい、アラタナ社員一同が新しい門出を祝福。

最後は、創業者であり現社長の濵渦から、これまでの感謝の言葉を伝えて2018年忘年会の締めを飾りました。

濱渦さん締めのあいさつ

あらたな1年に向けて

毎年行われている忘年会ですが、2018年の忘年会は、大きな変化を乗り越えた年だったからか、気持ちが熱くなっていた社員も多かったように思えます。

アラタナは来年からも、世の中に新たな価値を生み出せるよう、社員一同取り組んで参ります。

これからも引き続きよろしくお願いいたします!

忘年会 記念撮影

関連する記事