アラタナコンタクトセンタースタッフがコールコンテストに参戦!

アラタナコンタクトセンタースタッフがコールコンテストに参戦!

こんにちは。アラタナ広報です。

「商品が届かない」「イベントの内容を詳しく知りたい」「申込みをキャンセルしたい」といったことで、おそらく誰でも一度は利用したことがあるコールセンター。

そんなコールセンターでの電話応対の品質向上を競い合う「ひなた企業対抗 コールコンテスト2019 〜おもてなしの心〜」が2月17日(日)、メディキット県民文化センターで開催されました。

宮崎県内9社のコールセンターが集結し、電話応対の品質向上の目的ほか、企業説明や各社の取り組みを紹介し、広くコールセンターのことについて知ってもらうこのイベント。

2017年10月に行われた第1回のコンテストも大変好評でしたが、第2回はさらにパワーアップしていて見ごたえのあるものとなりました。

>>第1回みやざきコールセンターコンテストの記事はこちら

第1部 コールコンテスト

各企業からオペレーター役1名とお客様役1名を立てて電話応対の品質を競うコールコンテスト。

今回、オぺレーター役はセミナー受付会社のカスタマーサポートの設定で、お題は「HPを見てお電話してきたお客様への対応」でした。

あらかじめ配布された資料の中からお客様役の人がいくつか質問をして、それに対してオペレーター役が回答。例えば、アラタナがオペレーター役をするときには、他の企業がお客様役をするというように、お客様からどのような問い合わせが来るかわからない状態で、実際の業務状況に近い形式で実施されました。

弊社コンタクトセンターチームからは、昨年7月に入社した宇野が出場。

当日はどんな質問がくるかわからないため、コンタクトセンターチームのメンバーみんなで協力して、大会ギリギリまでいろいろな質問を想定しながらたくさん練習したそうです。
コールコンテスト部門

普段は若干関西弁強めの宇野ですが、低音のイケメンボイスで、「え?あの宇野さん?」と疑ってしまうほどのステキな電話応対でした!

他社の電話応対も大変素晴らしく、お客様役から突然投げかけられる質問に対しても、落ち着いた態度で臨機応変に対応していました。

宇野さん
終わったあとのホッとした表情の宇野っち。お疲れ様でした!

みやざき犬と一緒に遊ぼう!

みやざき犬

第1部が終わり、休憩の後には宮崎県のシンボルキャラクター「みやざき犬」のひぃくんが登場。ステージパフォーマンスで会場の人々を魅了しました。

子どもはもちろん、大人にも大人気のみやざき犬。いろいろな事情を知っている大人でさえも、思わず目をキラキラさせながら見入ってしまうキレッキレのダンスと、かわいらしい仕草で、参加者の緊張も少しはほぐれたのではないでしょうか。

第2部 企業アピール

第2部では、各社のさまざまな取り組みを紹介する企業アピールが行われました。

弊社の企業アピールは、第1回みやざきコールセンターコンテストで個人部門3位に入賞した谷之木が担当。
企業アピール

動画やスライドを使って、アラタナが提供するサービスや会社の様子など、頼れるベテラン谷之木による安定したトークで、わかりやすく紹介してくれました。さすがです!

いよいよ表彰式!結果は?

表彰式

表彰式のあやや

今回はコールコンテスト、企業アピールともに、アラタナは惜しくも受賞を逃してしまいました。しかし、普段見ることのできない他社の電話対応や、企業の取り組み、働き方について知ることのできる貴重な機会となりました。

また、一般の方々にコールセンターのお仕事について興味を持ってもらう良いきっかけにもなったのではないかと思います。

参加者、実行委員、その他関係者の皆様、事前準備から当日の運営まで本当にお疲れ様でした!
集合写真

アラタナでは、コンタクトセンタースタッフを募集しています。ファッションに興味のある方、子育て中のママ・パパなど、アラタナのコンタクトセンターで働いてみたい!という方のエントリーをお待ちしております!
>>採用情報の詳細はこちら

関連する記事